Javaさんのお部屋(サム・ジーヴァ帝国図書館)

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

B

罪の声

B

【概要】著者(監督):塩田武士 グリコ森永事件が元ネタの模様。なかなかこんな事件があったとは信じがたいが…。2人の30代男性二人の物語が交互に進む。映像的な文体が印象的。あと関西弁が自然。「会ったこともないおっさんの改心などどうでもいい」などギ…

動物裁判 西欧中世・正義のコスモス

B

【概要】著者(監督):池上俊一 要約難しい。子供を殺戮したブタさんが裁判所で罪を宣告されるという、非常にシュールな光景から始まる。科学的・キリスト教的世界観の浸透、慣習法から制定法への法革命、都市文化の流入、いろいろな背景があって奇妙な光景…

星の子

B

【概要】著者(監督):今村夏子 技術士二次の帰りに一気読み。初今村夏子。読みやすい。アヤシイ宗教や一家のボンビー描写があまりにも自然に練りこまれている。くっついて温め合いながら見上げた流星。良くも悪くも家族の絆からは逃れられないのかも。学生…

海洋プラスチック 永遠のごみの行方

B

【概要】著者(監督):保坂直紀 技術士ネタ仕込み用。プラごみ問題の一般向け解説書。わかりやすい。環境問題やエネルギー問題を多面的な視点で眺めつつ、少しずつ解決していくしかないのかなあ。 【詳細】<目次> はじめに ~このまま汚れた海でいいのだ…

室町の覇者 足利義満

B

【概要】著者(監督):桃崎有一郎 義満が室町殿そして北山殿となり、この世の春を謳歌するに至った経緯とその意義を描く。地味な室町幕府の草創期、尊氏~義教までの室町前半のごたごたも解説してくれる。けっこう分厚いよ。 朝廷と幕府の関係の変化、文献…

コクリコ坂から

【概要】著者(監督):宮崎吾郎 カルチェラタンなる文科系男子クラブハウスで 毎日旗を揚げていたらボーイミーツしたり出生の秘密を知ったり親の親友に会ったりする。兄妹メロドラマになるかと思いきや…。 教養主義(@昭和)華やかなりし60年前後の全学連っ…

殉国 陸軍二等兵比嘉真一

【概要】著者(監督):吉村昭 沖縄戦にて鉄血勤皇隊となった少年兵の三か月。衛生兵のお手伝い的なポジションで従軍した。だぶだぶ軍服に袖を通した面映ゆさとか、少年らしい戦争への憧憬と昂ぶりとか、淡々とした無惨な死体の描写とか、戦争が日常になって…

シング・ストリート 未来へのうた/SING STREET

【概要】著者(監督):ジョン・カーニー 1986年、ダブリン。転校してゲロマブミューズに出逢い、メンバーを集めてバンドを組み、テープやMVを制作する日々。ラストはカノジョを連れてMVとテープだけ持って船でロンドンに。筋肉要員としていじめっ子がメンバ…

ゴーストハント

B

【概要】著者(監督):小野不由美 (1.旧校舎階段)『十二国記』から来ました。「……へい、さようですかい」などの主人公の心の声からもわかるように、軽めの文体。霊能力者その他が大集合して旧校舎の怪を解く。科学技術でなんでも解決できるのかも思いきや…

物語 フィンランドの歴史

B

【概要】著者(監督):石野裕子 冬戦争、ムーミン、ノキア。スウェーデンとロシアの間を揺れ動くバルト海の乙女心。~13c:田舎、13~18c:スウェーデン統治時代、19c:ロシア統治時代、20c:独立、みたいなざっくりイメージで良さげ。資源なき小国のしたた…

西條八十詩集

【概要】著者(監督):西條八十 昭和を駆けたヤソップ。抒情的な作風。「かなりや」や歌謡曲はけっこう有名なのでは。 【詳細】<メモ> かなりや ──唄を忘れた金糸雀は、後の山に棄てましよか。──いえ、いえ、それはなりませぬ。 ──唄を忘れた金糸雀は、背…

感染症の世界史

B

【概要】著者(監督):石弘之 昨今の新型コロナでおなじみ。黒死病、インフルエンザ、結核、はしかなど、人間の歴史はウイルス等との闘いであり、共進化でもあった。 近年の感染症に関する一般日本人の呑気さや後進性に警鐘を鳴らす。ワクチンはちゃんと接…

日本近現代史講義

B

【概要】著者(監督):山内昌之 細谷雄一 編著 日清・日露戦争、対華二十一ヵ条要求、軍縮と恐慌、アジア・太平洋戦争…。日本の歴史は東アジア史の一部であり、世界史の一部である。台湾・朝鮮といった旧植民地、北に君臨するロシア帝国あるいはソ連、そし…

地球の履歴書

B

【概要】著者(監督):大河内直彦 地学関連の科学読み物。プレートテクトニクスとか、海水面の変化とか。科学者や探検家たちのこれまでの歩みが、地球の履歴書作成に大きく貢献してきた。「海にたっぷり溶けた塩は、ほろ苦い歴史の調味料である」など、シャ…

これからの日本の論点2020

B

【概要】著者(監督):日本経済新聞出版社編 技術士ネタ仕込み用。多様な視点から世界と日本のいまを分析する。エネルギー問題や先端テクノロジーの話のみならず、地政学リスクや日本のこれからについても多少分かった気になった。 【詳細】<目次> Ⅰ 日本…

段落論

【概要】著者(監督):石黒圭 文章の一定量でパッケージにしたものが段落。フォルダ分けや階層構造を思い浮かべることで、今まで以上に文章や談話の構造に敏感になるのでは。技術士試験にも役立ちそう。 とりあえず中心文(あるいは小主題文)を各段落に一…

マインドマップ 最強の教科書

【概要】著者(監督):トニー・ブザン 監修:近田美季子 訳:石原薫 マインドマップ指南書。アイデア出しや知識の整理に使えるかも。読むだけじゃなくてちゃんと実践して効果を確かめよう(自戒)。マンセーが多く宗教じみているのが若干鼻につくかも。 本…

世界を変える100の技術

B

【概要】著者(監督):日経BP編 技術士試験のネタ仕込み用に。 AI, IoT, 5G, VR, AR, アシストスーツ, 量子コンピュータ, 固体電池, P2A(Power To Gas), ESG(環境・社会・ガバナンス), SDGs, 経営3Dプリンター, 遺伝子治療など。記載内容は多くても3P程度…

ディ―プすぎる シルクロード中央アジアの旅

B

【概要】著者(監督):下川裕治 鉄道、バス、タクシーを駆使しつつ、西安~カシュガル~テルメズ、ペシャワル~ガヤ~西安を訪ね歩く。なるべく玄奘ルートをなぞりつつ、玄奘の苦労や旅情に思いを馳せる。ギリギリでつながる交通手段。そんなにディープでは…

日日是好日

【概要】著者(監督):大森立嗣 アラハタのおねいさんズがお茶を習いに行く。地味顔代表の黒木華と派手顔の多部未華子の対比が面白い。生き方も対照的かも。 「容れ物に心が入る」ということで作法や形から入る。こういった習い事は、頭で考えすぎてはいけ…

お金の超基本

B

【概要】著者(監督):坂本綾子 泉美智子 新卒向けだが誰でもウェルカム。税金、住居、保険、資産運用など、お金の常識や使わなきゃもったいない行政サービスについて理解・興味が深まるのでは。なんにせよ制度大杉なんだが。とりあえず役所や人事に聞けばO…

遊ぶ鉄工所

B

【概要】著者(監督):山本昌作 「遊ぶ鉄工所」ことHILLTOP㈱の紹介本。「余裕を持って、楽しみながら登れる場所」という意味らしい。下請けから独立し、多品種少量生産のアルミ加工メーカーへ。比較的単純な加工はマシニングセンター、職人でなくプログラ…

苦しかった時の話をしようか

B

【概要】著者(監督):森岡毅 「子供たちがキャリアの判断に迷った時に役に立つ『虎の巻』」を娘向けにパパが書いてみました。表題にもなっている第5章が確かに印象に残る。 「キャリア戦略とは、その人の目的達成のために、その人が持っている"特徴"を認…

京大的アホがなぜ必要か

B

【概要】著者(監督):酒井敏 「京大変人講座」でおなじみ総人の教授が静かに怒る。 「選択と集中」の科学技術政策で凋落する日本の科学力。 カオス理論で示されたように将来のことは予測不能。現生の種は試行錯誤の末に「結果オーライ」で生き残っただけに…

「繊細さん」の本

B

【概要】著者(監督):武田友紀 「繊細でストレスを感じやすい人(HSP:Highly Sensitive Person)が、繊細な感性を大切にしたまま、ラクに生きる方法」を伝授する。 「相手の気持ちを考えすぎて、自分の意見が言えない」「考えすぎてしまって、なかなか動け…

これ一冊でぜんぶわかる! 労働基準法

B

【概要】監修:汐留社会保険労務士法人の人たち 36協定その他に関して知りたく。「月45時間、年360時間、6か月まで」が基本みたい。他にも、保険料免除あるいは保険の給付受給など、知ってるとお得そうな社会のしくみが。いろんな制度があるので、何かライフ…

日本社会のしくみ

【概要】 著者(監督):小熊英二 明治~平成の日本社会を底層で形作ってきた雇用慣行。これを軸に近代以降の日本社会の慣習の束(しくみ)を概観せんとする。「企業を超えた横断的基準の不在」が日本型雇用慣行の最大の特徴とのこと。他国の雇用慣行との比…

蜜蜂と遠雷

【概要】著者(監督):石川 慶月光連弾やりたかったんでしょ。 尺の都合か曲目が少ないのと、ちょっと暗めでテンポが悪いのがいまいちか。原作組からするとちょっと物足りない印象。ベトナムにいそうなマサルくんと、塵くんの透明感は認める。【詳細】<あ…

よくわかる仏像ハンドブック

【概要】監修:江里康慧 仏教の簡易説明と仏像の変遷、特徴及び種類や製作技法など一通りのことを教えてくれる。 仏教の形而上的な思惟方法は好きで仏像のデザイン自体はそんなに好きではなかったのだが、不空羂索観音菩薩や如意輪観音、降三世明王はデザイ…

日本の髪型

B

【概要】著者(監督):河村長観ほか 古代~近代までのいろんな髪型を集めた。 采女や白拍子はいい感じ。垂髪、白拍子、唐輪も好みかも。江戸時代ははっきり言って違いが不明。 二百三高地髷は有名だけど、近代の日本髪は油まみれになって不衛生そうだなあ。…