Javaさんのお部屋(サム・ジーヴァ帝国図書館)

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

映画

シン・ウルトラマン

【概要】著者(監督):樋口真嗣 企画・脚本・総監修:庵野秀明 庵野のリバイバルシリーズ。次は仮面ライダーだ。「シン・ゴジラ」ほどの拡散力はなさそうだが、刺さる人にはより深く刺さるのでは。ウルトラマン非履修者や忘れた勢にとっては、やや説明不足…

太陽の帝国

【概要】著者(監督):S.スピルバーグ SFじゃないスピルバーグ。太平洋戦争前夜の上海租界でイングリッシュ・ボーイが勝手にシンドバッドしていたところ、両親と引き離され収容所暮らしとなる。悲惨な毎日が待っているかと思いきや、意外と彼はそんな非日常…

坂道のアポロン

【概要】著者(監督):三木孝浩 佐世保の坂道を舞台に、高校生三人がジャズを通じて青春する。セッションしようぜ! 主人公ズの典型的な三角(五角かも)関係の玉突き恋模様や、身長が大中小になっているのがいい感じ。概ねベタだがスッキリしていてよい。6…

県庁の星

【概要】著者(監督):西谷弘 県庁の星・織田裕二が、官民交流の一環で送り込まれた斜陽スーパーのバイトリーダー・柴咲コウに「素直に謝ること、素直に教わること、何かを成し遂げるには仲間が必要だということ」等々を学ぶおしごと系映画。コウさんの眼力…

こんな夜更けにバナナかよ

【概要】著者(監督):前田 哲 筋ジストロフィーの人の実話をベースに大泉洋が別次元の鹿野さんになりきる。 タイトル通り夜更けにバナナを唐突にボラ(ンティア)に買いに行かせるなど、序盤の偉そうな感じやスケベな感じからは悪印象をまき散らしているが…

グッバイ、レーニン!

【概要】著者(監督):ヴォルフガング・ベッカー 1990年の東西ドイツ統一に関するコメディ寄りのヒューマンドラマ。息子の反東側活動にショックを受けたオカンが昏睡状態から覚めると、東ドイツは消失していた。いろいろ歴史的瞬間を見逃した母に、「ぼくの…

ラヂオの時間

【概要】著者(監督):三谷幸喜 主張強めのメンバーをなだめすかし、手を借り、なんとか着陸させようとするコメディ。本番環境のゴタゴタやアドリブ、舞台裏感を存分に味わえる。各人各様の思惑が渋滞し、女主人公の名前がメアリー・ジェーンに変わったあた…

ジョゼと虎と魚たち

【概要】著者(監督):犬童一心 設定の勝利。謎多き女ジョゼとの出会いと別れ、彼らの成長と旅立ちが描かれた。ジョゼはもう会わないタイプの女だが、自立してたくましくなったさまが窺えてよし。男は引きずるが女は強い。やや突飛な設定からの肉感的なシー…

コーヒーが冷めないうちに

【概要】著者(監督):塚原あゆ子 一見落ち着けそうな喫茶店だが、ある椅子に座って珈琲を淹れると過去に戻れるという不思議設定。ただし時空間その他の制約あり。1.波瑠、2.老夫婦、3.姉妹、4.母・主人公・娘、と人体実験が開始される。過去改変は不可だが…

仄暗い水の底から

【概要】著者(監督):中田秀夫 黒木瞳の疲れた感じ・情緒不安定感がリアル。黒木瞳があんまり人の話聞いてないとか、アパート管理人がボケ気味とか、幼稚園の教育方針がサイコ気味とか、ちょっとした不気味が蓄積していったところで謎の赤バッグと黄色カッ…

フリークス

【概要】著者(監督):トッド・ブラウニング コンプラ真っ青のmonsterたちを紹介。半男半女、癒合している人(ベト・ドクちゃんみたいな)、老人症、多毛症、ヒゲ女、小人症、上2肢・下2肢・4肢ない人など…奇人や五体不満足な人がCGやFXなしで登場するおお…

Venom: Let There Be Carnage

【概要】著者(監督):アンディ・サーキス "We are the lethal protector"ということで、乱暴すぎる相棒とハチャメチャする。コメディ寄りだが、バトルのときは決めるぜ。模写・多機能触手・料理(チキン)など多数の特技を有するようになるが、デメリット…

ONODA 一万夜を越えて

【概要】著者(監督):アルチュール・アラリ 意外と面白い(; ・`д・´)。 30年近く比・ルバング島でサバイブし続けた小野田寛郎の実人生を参考にしつつ脚色を加えてある模様。 イッセー緒方少佐のおもしろレクチャーシーンとか、旅立ちの日の訓示とか、少壮少…

アイの歌声を聴かせて

【概要】著者(監督):吉浦康裕 「私、幸せだよ」 「私、幸せだったんだね」 春~夏ぐらいの予告編ではあんまり期待していなかったのだが、例によって例のごとくtwitterのTL観測結果を踏まえMOVIX倉敷に突撃。「イヴの時間」的なAI近未来もの要素ももちろん…

映画すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ

【概要】著者(監督):大森貴弘 今年もやるぞ。今回は青系統でとかげ回。テーマ「かわうそとすみっコキャンプ」「とかげの夢」に魔法使い成分を混ぜた感じ。前作同様、すみっコ5人衆が異世界の不思議住人と交流し奮闘し、精神的・物質的想い出(今作では⭐️…

アウシュヴィッツ・レポート

【概要】著者(監督):ペテル・ベブヤク 浜口雄幸さんと。アウシュヴィッツ・ビルケナウ収容所から脱出した2名が、収容所の壮絶な実態をしかるべき筋の人にレポる。脱出する2名と、寒い中屋外で突っ立って待機するよう言われた人々および善人マンの2視点が…

歎異抄をひらく

【概要】著者(監督):大野 和寿南无阿弥陀仏。善人なおもて往生をとぐいはんや悪人をや(悪人正機説)、本願ぼこりの否定と救済、自信教人信、現世と来世の救い×2回、歓喜雀躍モードにならない不安、など、元ネタである同名作品発行元の親鸞会はよくわか…

アルゴ

【概要】著者(監督):ベン・アフレック アフガン情勢が緊迫する中、タイムリー。 イラン革命時の、SF映画撮影のふりした人質救出プロジェクト。実話が元ネタなのがすごい。車ドンドンやバザールでの揉み合いなど圧倒的多数の現地人に取り囲まれる恐怖とか…

映画クレヨンしんちゃん 謎メキ! 花の天カス学園

【概要】著者(監督):高橋渉 新しい声で初めて観た(しんのすけ、ひろし)。まあ慣れるわね。 おバカやりつつ推理しつつ、青春しつつ。ということでお得感がある。彼は容疑者から完全に外してしまっていたなあ。効率の過度な優先やブラックボックス化したA…

サマーフィルムにのって

【概要】著者(監督):松本壮史 おさちさんと。まさかのSF要素ありの映画撮影映画。海行ったり合宿したり車内泊したりとちゃんと青春している。主人公三人娘やキャラ立ちしたクルーの描写はグッド。少年みたいな面影を残すボーイッシュ女の子の健康的な感じ…

君の膵臓をたべたい(アニメ映画)

【概要】著者(監督):牛嶋新一郎 実写より淡々とした感じだが…後半からは恋愛要素強めに感じた(ご本人は否定されていたが)。「変わったんだと感じた」と明確に主人公の変化・成長が描かれている気がする。若干主人公の声が棒めなのが気になるが。パステ…

君の膵臓をたべたい(実写映画)

【概要】著者(監督):月川翔 「君に、私の残り少ない人生の手伝いをさせてあげます」 浜辺美波パワーで評価がワンランクぐらい上がる。いけないことをするところはよかったですねえ。ピュア感がよかった。原作初読時は突然の死に戸惑ったが、その理不尽な…

サイダーのように言葉が湧き上がる

【概要】著者(監督):イシグロキョウヘイ イシグロキョウヘイは「四月は君の嘘」で注目していたのだが、やはり朕の目に狂いはなかった。サイダーのように感想が湧き上がる。イ〇ンモール的小世界で展開するひと夏の王道恋模様。あんまり後ろ暗い部分がない…

竜とそばかすの姫

【概要】著者(監督):細田守 ケモナー感や家族愛成分が若干薄めに見えたので鑑賞。「サマーウォーズ」などに見られるサイバー空間描写がまた観られた点は良かった。 が、個人的には、美女と野獣同士が惹かれあう理由がよく分からんかった。竜も作中でそれ…

シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇(+TVアニメ版、旧劇場版、序・破・Q)

【概要】著者(監督):庵野秀明 さらば、全てのエヴァンゲリオン。 問題作、ついに完結(; ・`д・´) 岡南TOHOシネマズにて。自身も中学生~高校生あたりにお世話になったので感慨深い。シンジたち登場人物や庵野、そして視聴者たちもようやくエヴァの呪縛から…

あのこは貴族

【概要】著者(監督):岨手由貴子 テアトル梅田にて。お嬢様の婚活譚、もとい女同士の義理、そして自立。「家事手伝い」なんかのワードはお見合い勢としては他人事と思えない。Tier1:幸一郎(東京上位)、Rank2:華子(東京中位)、Rank3:美紀(上京勢)、Ra…

野球少女

【概要】著者(監督):チェ・ユンテ イオン倉敷、自分と笑顔でぶつぶつ言ってるおっさんしかおらん(; ・`д・´)肉体的な限界にも恵まれぬ経済状況にもめげず、文字通り血のにじむ努力を続けてプロ選手の夢をつかみ取った主人公。ワンピースのくいな的なあれ。…

花束みたいな恋をした

【概要】著者(監督):土井裕泰 2020年から遡っていくのがすでにつらい。切なさが常に背景にある。花束のように瑞々しかったものが萎れ色褪せていくのを見るのはつらい。手入れを怠ったらだめなんだなあ。交互に流れるモノローグがだんだんシンクロしなくな…

舟を編む

【概要】著者(監督):石井裕也 原作既読勢。言葉の海に浮かぶ大渡海という船を大都会の中で建造する。ベテランに腕抜きを託されたり、自慢の配偶者を得たり、先生に先立たれたりしながらも、なんとか完成に漕ぎ着けた。松田龍平はなかなかいいキャスティン…

劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕

【概要】著者(監督):湯山邦彦 久々に観た。ただただ懐かしいわ。サトシが選ばれし者で伝説のポケモンと共に戦うという流れは王道だが、それゆえに安心して観られるのでは。ルギア直掩で氷の島へ突入するのは熱い。 神々にまつわる古い言い伝えと最近のテ…