Javaさんのお部屋(サム・ジーヴァ帝国図書館)

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

S

アイの歌声を聴かせて

【概要】著者(監督):吉浦康裕 「私、幸せだよ」 「私、幸せだったんだね」 春~夏ぐらいの予告編ではあんまり期待していなかったのだが、例によって例のごとくtwitterのTL観測結果を踏まえMOVIX倉敷に突撃。「イヴの時間」的なAI近未来もの要素ももちろん…

出家とその弟子

【概要】著者(監督):倉田百三大正教養主義の代名詞。「運命がお前を育てているのだよ。ただ何事も一すじの心で真面目にやれ」の台詞にみられるように、100年の時を越えても色褪せぬひたむきさと純真さを掴み取れる。久々に再読(8年ぶりぐらい?)。 「こ…

花束みたいな恋をした

【概要】著者(監督):土井裕泰 2020年から遡っていくのがすでにつらい。切なさが常に背景にある。花束のように瑞々しかったものが萎れ色褪せていくのを見るのはつらい。手入れを怠ったらだめなんだなあ。交互に流れるモノローグがだんだんシンクロしなくな…

鬼滅の刃

【概要】著者(監督):吾峠呼世晴 心を燃やせ! 鬼才・吾峠呼世晴の名声を急激に高めた王道少年漫画。これは1億部突破ですわ…。生き急ぐかのように引き延ばしを一切せず、主要人物の見せ場と過去と死に場所をしっかり描き切る姿勢は潔いとさえいえる。多人…

戦没学徒 林尹夫日記 完全版/わがいのち月明に燃ゆ

S

【概要】著者(監督):林尹夫 某食堂にあった朝日新聞の☟これより。 www.asahi.com 編集担当のもっさん、さすがや…(; ・`д・´) 自己をよくする事それは各瞬間に於て自己とかくとうすることである。自己と真剣にたちむかふことに我々はひるんではならない。 兄…

墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便

S

【概要】著者(監督):飯塚訓 日航機123便墜落事故の遺体確認スタッフのなまなましい苦闘の記録。想像するのもおぞましい阿鼻叫喚の地獄の地獄だった模様。 謎の陰謀論もあるようだが、警察や医療従事者、自衛隊やボランティア、墜落する航空機の中で最後ま…

ファイアーエムブレム 風花雪月

【概要】 小生、比較的古参のエムブレマーだったが、覚醒以降がやや軟派でイマイチなので離れていた(紋章、聖戦、トラキア、ティアリングサーガ、封印、烈火、聖魔、蒼炎、暁、覚醒、ヒーローズは経験あり)。門戸を広げてFEシリーズの売り上げは上がってい…

十二国記

【概要】著者(監督):小野不由美 ①月の影 影の海 (上)東洋風ファンタジー。説明もないまま異界に放り込まれ、獣ながらの生活を余儀なくされる。人里に降りたら降りたで裏切りにつぐ裏切り。荒んでいく陽子さん。かわいそう。 (下)楽俊と延王のおかげで…

後世への最大遺物・デンマルク国の話

【概要】著者(監督):内村鑑三 ①1894(明治27)年と②1911(明治44年)の講演を収めた。 ①後世への最大遺物:英米の実業家や篤志家の例(クロムウェル(カーライル)、ハーシェル、リビングストン、クラーク博士など)を引きながら、人が後世に遺せる最大遺物は…

映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ

【概要】著者(監督):まんきゅう ふしぎな絵本にのみこまれたすみっコたちの、切なく、どこまでもやさしい物語。 序盤のキャラ紹介のおかげで前情報ゼロでも楽しめる。 すみっコたちとひよこ?の冒険と交流が描かれる中盤。そして、世界の秘密とひみつのコ…

老子

【概要】著者(監督):? 訳注:蜂谷邦夫 言わずと知れた東洋最高峰の古典の一つ。現代語訳⇒書き下し文⇒原文という構成が読みやすい。 水、女、母などの言葉や比喩を潤沢に用いて、玄妙なる世界の理「道」に則って生きることを勧める。所有せず、見返りを求…

FACTFULLNESS/ファクトフルネス

S

【概要】著者(監督):ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング ロンランド 訳:上杉周作、関美和 これは読むべき本! 「世界では戦争、暴力、自然災害、人災、腐敗が絶えず、どんどん物騒になっている。金持ちはより一層金持ちになり…

あさきゆめみし

【概要】著者(監督):大和和紀 ご存知少女マンガの古典にして『源氏』の漫画化作品。 『源氏』の入門書にして本家超えで完成品。与謝野源氏の副読本として読み始めたらどっぷりハマった。恋愛のかけひきと人間心理の複雑性、豊饒な関係性の網と人間生活の…

ダンガル きっと、つよくなる/Dangal

【概要】著者(監督):ニテーシュ・ティワーリー これは面白い。 娘二人が父の夢からインド(女性)の夢になる。 思わず力が入る。涙腺が弱くなる。レスリング観たくなる(やりたくはない)。 修行⇒成長⇒対立⇒挫折⇒再起⇒栄光(+序盤の伏線回収)と、物語の…

アベラールとエロイーズ 愛の往復書簡

訳:沓掛良彦 横山安由美 【概要】 書簡体に託した愛と信仰の告白。まさに事実は小説よりも奇なりで、運命は彼らに肉薄していた。900年前の人間のあつき血汐、いまと何ら変わることのない人間の愛欲と悲哀を感じる。行間からエロイーズの「そんな言葉を聞き…

生きる

著者(監督):黒澤明 【概要】 コミュ障気味の課長が、余命いくばくもないことを知り、豪遊し老いらくの恋にふけり、やがて公園建設に猛進する。回想シーンの多用が黒澤映画の静と影の部分を担っている。 【詳細】 前観たときは寝てしまったが、改めて観る…

カラマーゾフの兄弟

著者(監督):ドストエフスキー 訳:原卓也 【概要】 (上)キャラ紹介〜大審問官 3年の時を超え原マーゾフで再読中。ロシア的、カラマーゾフ的な人々が情動のままに動き、暴れ、喋る。尖ったキャラ造形や長尺セリフには作家性が、ゾシマの教えや大審問官な…

日本語の作文技術

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫) [文庫] 著者(監督):本多勝一【概要】数ある文章術本のなかでもとくに有名。おもに修飾の順序とテン(読点)の打ち方を理論化し、実践している。日本語は正しく使えば十分に論理的であること、述語支配の言語であるこ…

7つの習慣

7つの習慣-成功には原則があった! [単行本] 著者(監督):スティーブン・R・コヴィー訳:ジェームス・スキナー/川西茂【概要】『人を動かす』あたりと並んで、アメリカ発自己啓発本の王道。人間関係構築論を図式化した。小手先のテクニックではなく、人格…

みだれ髪

みだれ髪 (新潮文庫) [文庫]著者(監督):与謝野晶子 監修:松平盟子【概要】情熱的・肉感的な三十一文字を聚めた。聖と俗、夢と現の両極を激しく行き来する心情日記とも読め、著者のあつきちしほを感じさせる。【詳細】その子二十櫛にながるる黒髪のおごり…

人生タクシー

著者(監督):ジャファル・パナヒ【概要】イランの日常をドラマに変える。人々のたくましさと人生の悲喜劇を乗せ、今日も街をゆくタクシーにいざ乗り込もう。私にはとても面白く感じられた。【詳細】<あらすじ>イラン映画(映画?)。タクシーのフロント…

第二集 きけ わだつみのこえ

第二集 きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記 (岩波文庫) [文庫] 【概要】 編:日本戦没学生記念会当時のエリートたちが理不尽で醜悪な現実に対し、いかに自己と向き合い、いかに自己を位置づけようとしたかの精神的苦闘の記憶。明朗と悲壮、韜晦と諦観が…

復讐するは我にあり

あの頃映画 「復讐するは我にあり」 [DVD] [DVD]監督:今村昌平評価:A【概要】【詳細】<あらすじ>S39。いきなりつかまってる緒方拳。九州弁で不遜になれなれしく刑事に話しかける。ふてぶてしく爪切りを要求したあとは煙草をふかし、逃亡の78daysを、そし…

土左日記

土左日記 (岩波文庫) [文庫]著者:紀貫之 校注:鈴木知太郎評価:A【概要】人事異動に伴い土佐から京に帰るときの、六十首余りを収めた旅日記もといダジャレ帳。古いがかなり読みやすい。妻や童、媼、船頭などに仮託して群像劇チックに表出させた亡児への追…

文語訳 新約聖書 詩篇付

文語訳 新約聖書 詩篇付 (岩波文庫) [文庫]著者:評価:A【概要】4福音書のみ読了。内容はおなじみ神の子の言行録。福音書ごとに内容の取捨選択や認識の差異はあれど、四回も同様の物語を読まされるので世界宗教の大まかな脳内回路形成には十分。古今東西変…

南無阿弥陀仏

南無阿弥陀仏―付・心偈 (岩波文庫) [文庫]著者:柳宗悦評価:A【概要】浄土系三宗の発展史(行⇒信⇒念仏)を、宗祖の言葉を辿りながらあざやかに解説していく。とりわけ一遍の功績を称揚する。透徹した大乗仏教の論理とその平易な解説、そして衆生に向けられ…

幸せなひとりぼっち

A Man Called Ove: A Novel [ペーパーバック]監督:ハンネス・ホルム【概要】ええ映画やった。目頭が熱くなった。【詳細】スウェーデン製。頑ななおじいちゃんクレーマー・オーヴェ、店員にはウザがられ会社にはクビにされる。半年前に妻にも先立たれている…

シッダルタ

シッダルタ (岩波文庫) [文庫]著者:H.ヘッセ 訳:手塚富雄評価:A【概要】幾多の師のもとを経て真理に至る過程を感動的な筆致で描き出す。さすがはノーベル文学賞作家である。よくぞここまで東洋の心を理解したものだ。【詳細】シッダルタだけどゴータマじ…

沈黙

沈黙 (新潮文庫) [文庫]著者:遠藤周作評価:A【概要】自らをキリストになぞらえ、殉教の情熱に燃えるパードレが、如何にして棄教するに到ったのか。矜持、侮蔑、欺瞞、韜晦、確信。その心理プロセスにはゼンチョ(異教徒)ならずとも心を動かされる筈だ。【詳…

我と汝・対話

我と汝・対話 (岩波文庫 青 655-1) [文庫]著者:マルティン・ブーバー 訳:植田重雄評価:A【概要】”Ich-Du”(我-汝)と"Ich-Es"(我-それ)の絶えざる往還という、一見東洋的な「関係」に焦点を当てた哲学的論考。WWⅠが近代西洋にいかに大きな影響を与え…