Javaさんのお部屋(サム・ジーヴァ帝国図書館)

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

はじめに

<自己紹介> twitter.com <概要> 広い広いネットの海に浮かぶ小さな小さなJavaさんのお部屋。 その片隅で人知れず、本や映画、マンガ、アニメなどの書評らしきものや感想らしきものをひたすら書き殴っていく趣向のブログとなっております。住みなれた旧居…

ZUMBA

エアロビとダンスが融合したようなフィットネス・ZUMBA。ル〇サンス玉島で聴いたことのあるZUMBA曲を紹介するぜ! ●紹介スライド ●イメージ 動画 www.youtube.com www.youtube.com ●初心者向け解説 xn--7brq64a39y.net ●創始者 www.salsa-latina.jp ●曲リス…

シルクロード 流砂に消えた西域三十六か国

B

【概要】著者(監督):中村誠次 1980年放送の「NHK特集 シルクロード」の取材班団長がシルクロードよもやま話をする。シルクロードといえば、井上靖や平山郁夫でおなじみ。敦煌とか楼蘭とかクチャ(亀茲)とかカシュガル(疏勒)とかサマルカンドとか、鳩摩…

かな その成立と変遷

A

【概要】著者(監督):小松茂美 本邦文学史を支えたかな文字の成立と変遷をたどる。文献からの古文引用や用例が多数あり非常に学術的でしっかり考証されている感はあるのだが、いささか細かすぎて眠くなる。著者、書の研究が専門らしい。 【詳細】<目次> …

電通「鬼十則」

B

【概要】著者(監督):植田正也 いまをときめく(?)電通の4代目社長吉田秀雄が書き留めたビジネスの原理原則。「大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする」など、確かに元ネタはいいこと言っているのだが、著者の話がほうぼうに飛び過ぎい…

物理学者のすごい思考法

【概要】著者(監督):橋本幸士 素粒子物理学者のエッセイ集。名文家の寺田寅彦や湯川・朝永、ファインマンあたりの系譜と理解。「お好み焼き屋往復路のヒステリシス」「うまい棒を東京ドームに詰め込んだらいくらになるか」などの思考実験的な話が多い。毎…

親鸞

【概要】著者(監督):笠原一男 親鸞大好きマンが彼の生涯と思想を割とコンパクトにまとめている。京⇒新潟⇒茨城⇒京と拠点を変えていった背景や思想の変化について理解が深まった。浄土真宗の考え方はもちろんのこと、歎異抄の簡易解説もあり、お得感のある…

意味の深みへ 東洋哲学の水位

【概要】著者(監督):井筒俊彦 言語哲学関連の講演録や論文集。「言語アラヤ識」などに代表される東洋哲学の共時的構造化がメイン。スーフィズムや空海の意味分節論など、すでに彼の著作に親しんでいたらそんなに目新しさはないかも。 やはり『意識と本質…

箱庭図書館

【概要】著者(監督):乙一 アマチュアのボツ作品を改稿して一冊の有機的な物語に仕立て上げた。「小説の核」があればいくらでも面白くできるらしい。全体的にミステリ風味なので文章やストーリーの違和感に気づくと面白いかも。「青春絶縁体」もいいがやは…

アウシュヴィッツ・レポート

【概要】著者(監督):ペテル・ベブヤク 浜口雄幸さんと。アウシュヴィッツ・ビルケナウ収容所から脱出した2名が、収容所の壮絶な実態をしかるべき筋の人にレポる。脱出する2名と、寒い中屋外で突っ立って待機するよう言われた人々および善人マンの2視点が…

アドルフに告ぐ

【概要】著者(監督):手塚治虫 3人のアドルフと彼らに人生を狂わされた者たちの大河ドラマ的群像劇。サスペンス+アクション劇といった感じ。機密情報を隠し通し協力者と情報交換するドキドキ感、親友が仇敵同士となる修羅道、男を伴走者となる女たち(小…

歎異抄をひらく

【概要】著者(監督):大野 和寿南无阿弥陀仏。善人なおもて往生をとぐいはんや悪人をや(悪人正機説)、本願ぼこりの否定と救済、自信教人信、現世と来世の救い×2回、歓喜雀躍モードにならない不安、など、元ネタである同名作品発行元の親鸞会はよくわか…

きりひと讃歌

【概要】著者(監督):手塚治虫 医師会を追放された主人公が獣化する奇病の謎を追う。「これでも医者だってのか おれは」と苦悩しつつも、多くを失った主人公は医師であり続ける意志を失わない。怪しげな村で出会ったセクシーガール・たづとか、特技・人間…

地政学入門 外交戦略の政治学

B

【概要】著者(監督):曽村保信 80年代前半ぐらいまでの「これまでの地政学の要点を浮き彫りにし、その基本を明らかにすることを中心の目的にした」とのこと。マッキンダー(英)、ハウスホーファー(独)、マハン(米)の思想とそれに関連した内容を概説す…

陽だまりの樹

【概要】著者(監督):手塚治虫 その通りさ! 歴史にも書かれねえで死んでったりっぱな人間がゴマンといるんだ……… 伊武谷万二郎という非実在青少年と手塚の先祖・良庵を主人公に据え、チャンバラや策謀やユーモアやお色気を適度に差し挟みつつ、幕末の群像…