Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

A

羊と鋼の森

A

【概要】著者(監督):宮下奈都 「僕は調律という森に出会ってしまった。山には帰れない」 「板鳥さんから、柳さんから、羊から、ピアノから、たくさんの砂が押し寄せてきて、僕は溺れそうになりながら、それを一粒でもつかもうと必死だった」 天然物の主人…

臨死体験

【概要】著者(監督):立花隆 (上)お花畑が見える、おばあちゃんが対岸で呼んでいる、無量光を感じる…などの臨死体験エピソード・研究結果を集められるだけ集めたノンフィクション。生化学・精神医学・心理学・脳科学などの知見を縦横に紹介しつつ、主観…

マイ・インターン/The Intern

【概要】著者(監督):ナンシー・マイヤーズ 良作。モーレツベンチャーなバリキャリ社長(アンハサ)のもとに70歳のシニアなインターン(ロバデ二)が来るという設定がすでに面白い。 デジタル機器やSNSを駆使する(or に駆使される)現代人と、アナログで…

月なきみそらの天坊一座

【概要】著者(監督):井上ひさし よくまとまっている。 その日暮らしの奇術師一家を主人公に、夫婦・師匠と弟子・妻と弟子、三者の情愛をユーモアを交えて描く。どの話も人間味があって捨てがたいが、「その春の奇術探偵団」「月なきみそらの天坊一座」が…

日本語を翻訳するということ

A

【概要】著者(監督):牧野成一 日本文学(小説・詩歌)の翻訳を通じて失われるものと残るものから、日本語の「ソト」「ウチ」構造という深層を再発見する。オノマトペ、かな・漢字や句読点、時制、ですます調とだ・である調、受動と能動、助詞…どういった…

実戦BtoBマーケティング

【概要】著者(監督):佐藤義典 BtoBマーケティングを平易に解説。曰く、 「お客様(C)が競合(B)ではなく自分を選ぶ理由となる強み(S)を作り、それが競合にマネされないようにする独自資源(A)を構築すると同時に強みをお客様に伝える魅力的なメッセージ(Sm)…

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?

A

【概要】著者(監督):山口周 思ったより面白い。論理・理性から直感・感性に重心が移り、自己実現市場が興隆し、高速で変化するVUCAな世界…こういった状況では美意識を堅持することがとても重要であると説く。要は、会津什の掟の一つ「ならぬことはならぬ…

69 sixty nine

【概要】著者(監督):村上龍 半自伝的小説。佐世保の進学校の高校生たち、不純な動機と若気の余剰を拠り所として、バリケード封鎖、フェスティバル、儚い恋に突っ込んでいく。 主人公と著者にはどれくらいの相似性があるのか。わかったように文学・哲学・…

僕と世界の方程式/X+Y

【概要】著者(監督):モーガン・マシューズ 自閉症スペクトラムの主人公が数学的才能を見出され数学オリンピックに出場する。 父と子、母と子の関係性の描写に重点が置かれている印象。主人公の常に不安そうな表情と大変そうなお母さんのツーショットは観…

わたしは、ダニエル・ブレイク/I, Daniel Blake

【概要】著者(監督):ケン・ローチ 制度の煩雑さに翻弄される老人とシングルマザーが出逢う。容赦なく進むIT化と情報弱者をいたぶるがごとき制度、万引きをしたり缶詰をその場で開けてしまったり春を鬻いでしまうほどの貧困。介護していた妻の死と自身の退…

日の名残り

【概要】著者(監督):カズオ・イシグロ 訳:土屋政雄 主人公が主人に仕えた執事人生を旅の途上で追憶する。繊細かつ細密な内面描写、夕陽のように優しけれども確実で残酷な英国と主人の落日、もしかしたら実現していたかもしれない人生。残照のごとき光を…

数学する身体

【概要】著者(監督):森田真生 古代ギリシャ~近代数学~現代数学と時代が下るにしたがって普遍化・対象化・非身体化を進めていく数学史を背景に、数学者・岡潔の再評価を行う。対象との同一化による「数学する」ことの追求。21世紀にあって、東洋的な・日…

数学ガール

【概要】著者(監督):結城浩 思ったより高度だが、高校数学程度の知識(代数、三角関数、数列、順列組合せ、微積分など)があればじゅうぶん読み進められる。数学的な厳密さよりも数学の楽しさを重視しており、一見異なる数学分野の水面下での緊密な繋がり…

春の呪い

【概要】著者(監督):小西明日翔 死者の日記を辿りながら、恋人との瞬間ときを過ごしながら、緊張の度を強めていく感情の複合体。歪んだ愛情の矢印が描く歪な三角関係は、己の後ろめたさや愛憎が生み出した春の呪いにすぎなかった。逆三角形で細長いキャラ…

ミュンヘンの小学生

A

【概要】著者(監督):子安美知子 著者夫妻のドイツ留学時に娘が受けたシュタイナー学校での教育についてエッセイ風に紹介する。文学研究者だけあって素朴ながら心に沁み入るような文章を書く。異国の慣れない環境に娘が徐々に順応していくさまには、著者と…

万引き家族

【概要】著者(監督):是枝裕和 タイトル通り「万引き家族」の奇妙な生活を描く。淡々とはじまり淡々と終るのかと思いきやサスペンス要素もあり意外と面白い。展望のない貧困描写、服装や小物類のチープさや猥雑さ、俳優陣の演技がリアリティ醸成を助ける。…

今日のあすかショー

【概要】著者(監督):モリタイシ モリタイシ画伯に代表される男たちの妄想や夢が詰め込まれた一話完結コメディ。まさに「あすかショー」。ほどよくさわやかなラッキースケベを提供する。曰く「カワイイ子が正しいコトをするだけで世の中はずっと良くなるだ…

アド・アストラ

【概要】著者(監督):カガノミハチ 副題の通りスキピオとハンニバルが地中海世界を舞台に駆け回る(第二次ポエニ戦争)。どっちかというとイタリア半島を舞台に十幾年の闘争を繰り広げたハンニバルが主人公。イタリア半島はもとより北方のガリアや西方のイ…

ひきだしにテラリウム

【概要】著者(監督):九井諒子 やはり後の短編集になるほどキレが増してくる。作中でも触れているあたりショート・ショートが好きらしい。時空間・視点・画風を縦横無尽に行き来する寓話・メタファーの数々。タイトルじゃないけど引き出しがすごいよね。未…

時間と自己

【概要】著者(監督):木村敏 精神病理学者が、分裂病・鬱病・癲癇患者の治療から把捉した彼らの時間観を通じ、「もの」と「こと」、「時間」と「自己」などに関し哲学的な思索にとりかかる。 アリストテレスの時間観、ベルグソンの「純粋持続」やハイデッ…

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男/DARKEST HOUR

【概要】著者(監督):ジョー・ライト Battle of Britainでおなじみチャーチルが首相に就任してから宥和を退けるまでのDarkest Hourを描いた。国民からの人気と弁舌の才で、奥様はもちろんGeorgeⅥ、チェンバレンまでを仲間に引き込んでいく。なおDarkest Ho…

錦繍

【概要】著者(監督):宮本輝 いまどき(といっても古いが)書簡体の物語。いわくありげな男女の愛憎劇、もといじゃれ合い。後悔や罪悪感に塗れた過去の話が、いつしかいま・あしたの話に変化していくのが興味深い。メールやSNSには出せない深みがあるね。 …

イスラーム思想史

【概要】著者(監督):井筒俊彦 『イスラーム哲学の原像』の増補版といった観がある。畢竟、神の座・神と人との距離をめぐる知的冒険の歴史。時代・場所・民族を離れた純然たる思想・哲学・宗教なぞ存在しない。やっぱり著者、言語哲学的観点からの興味が強…

計画の科学

【概要】著者(監督):加藤昭吉 かつて一世を風靡したPERT法の一般向け解説書。ネットワーク化・シーケンス化、クリティカルパスを意識して仕事に取り組む大切さを教えてくれる。ガントチャートではわかりにくいイベント間の関係や順序も整理できて面白そう…

失敗百選

【概要】著者(監督):中尾政之 工学的失敗事例をたくさん集めた。エンジニアたるもの、機械工学・金属工学・化学工学・電気工学・人間工学など広範な学問分野に通じていることが要求される。また本書、抽象化(上位概念の抽出)と具体化(事例の水平展開)…

きっと、うまくいく/3 Idiots

著者(監督):ラージクマール・ヒラーニ 【概要】 好対照な三バカ工学徒の波乱に富んだ寮生活と10年後の邂逅を描く。基本的にはコメディなので楽しく見られる。ロードムービー感、恋愛やミステリー要素はもちろんのこと、受験競争や貧困・自殺といった結構…

火垂るの墓

火垂るの墓 完全保存版 [DVD] [DVD] 【概要】 監督:高畑勲 共同体の桎梏と恩恵を捨てて、誰もさわれない二人だけの国へ。見方が変わると味方が変わる。清太の「愚行」をどう思うかは各人の社会性と成熟度に委ねるが、若い人を辛い目に合わせるような社会に…

ちはやふる 上の句/下の句/結び

【概要】 著者(監督):小泉徳宏 色彩・音響・カメラワーク、プロット構成・テンポ・言葉選び、総じて「見やすい」。脇役にも見せ場が用意されており、人物造形に深みを出ておりよい。机くんと松岡茉優あたりがいいよね。チーム戦の熱さや、何かに打ち込む…

春の戴冠

A

著者(監督):辻邦生 【概要】 (1)メディチ家の庇護のもと、この世の春を謳歌していたフィオレンツィア。そんな在りし日の街と人々の想い出を老人が手記にて語っていくスタイル。ささやかな冒険や恋、進路の選択――春風駘蕩とした日々に南欧の風が草花の…

AI vs. 教科書が読めない子どもたち

A

著者(監督):新井紀子 【概要】 「東ロボくん」「RST(リーディングスキルテスト)」プロジェクトを通じ把捉したAI技術の限界と読解力の重要性を説く。読解力格差が収入・AI代替性格差に直結する恐怖を描き、読解力の養成に重きを置くよう警鐘を鳴らす。言…