Javaさんのお部屋(サム・ジーヴァ帝国図書館)

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

A

興亡の世界史 シルクロードと唐帝国

【概要】著者(監督):森安 孝夫 一千年紀中国で最大の繁栄を謳歌した大唐帝国の国際性や統治形態に関して学術的に語る。ソグド人や北方遊牧民族の存在感は想像以上に大きかった模様。陸上交易路、いわゆるシルクロードの発展ぶりを紙面から妄想できる。 本…

夜行

【概要】著者(監督):森見登美彦 ホラーな森見登美彦は初体験かも。ぞっとする荒唐無稽な怪談の焦点は10年前に姿を消した長谷川さんに集まっていき…。「彼女はまだあの夜の中にいる」。光と闇の入れ替わりには恐怖と神秘を感じた。某神隠し的な不思議な世…

イシューからはじめよ

A

【概要】著者(監督):安宅和人 「何に答えを出すべきなのか」「最後に何がほしいのか」を着手前(と着手後も適時)に考えてアウトプットの生産性を高める。 これだけ! ちなみにイシューとは…。以下の両方を満たすもの。 2つ以上の集団の中で決着のついて…

バガヴァッド・ギーター

【概要】著者(監督):上村勝彦 訳 『マハーバーラタ』の一部。アルジュナさんが戦いを放棄し、この世の真実を知り、また戦場に赴くまで。基本的には古代インド的な覚者像が描かれているよ。 【詳細】2 あなたの職務は行為そのものにある。決してその結果…

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド

【概要】往きて還りし物語。鳥や虫の声、風になびく草、風や雨…山川草木や生き物の質感。広すぎるマップで馬にまたがりブレスオブザワイルドを感じろ。適度に難しめだがなんとかクリア。ただし1個ウツシエ開放し忘れるというミス。 おひいさまのまゆげ太め。…

あつまれ どうぶつの森

【概要】 われ、GCe+と3ds版のみやったことある侍。コロナ禍の中で人々に(+任天堂に)活力を与えた功績はいつまでも語り継がれていくことだろう。 従来作品よりも島をクリエイトし甲斐がある。外に家具おけるのはグッド。イベントアプデでどんどん拡張でき…

氷菓

【概要】著者(監督):武本康弘 えるたそおおおおお!!!2on2の恋模様、えるたそによる奉太郎の成長と変色(灰色⇒薔薇色)、文化祭や初詣・バレンタイン等のイベント消化…。基本的には放課後推理タイムといった趣だが、ミステリ風味の青春ストーリーといっ…

三島由紀夫 悲劇への欲動

A

【概要】著者(監督):佐藤秀明 ほぼ時系列で作品を概観しつつ、三島の作風の変化や心の原風景を再現しようと試みる。「前意味論的欲動」、それは「言語改善の欲望であり情念」。彼を生き急がせる幻影は消えることがなかった模様。複雑なようで単純な、観念…

英語の歴史から考える 英文法の「なぜ」

【概要】著者(監督):浅尾幸次郎 目次にあるように、現在完了や冠詞など、英語のさまざまな「なぜ」を手掛かりに英語の歴史や英文法のフシギを辿る。英語のゴチャゴチャさと豊饒さは表裏。読み物感と学術感とのバランスがなかなかいい感じ。 be動詞系の語…

土方歳三 新選組を組織した男

A

【概要】著者(監督):相川司 評伝というよりは、新選組の組織図や土方さんの成り上がりの研究。幕末の動乱の中、土方さんの序列がだんだん上がるのが面白い。…ほぼNEET⇒近藤勇門人⇒新選組平士⇒新選組副長No.3⇒副長No.2⇒副長No.1⇒新選組隊長代行⇒伝習第一大…

翻訳の授業 東京大学最終講義

【概要】著者(監督):山本史郎 川端康成や三島由紀夫、村上春樹、ディケンズ、サリンジャー、モンゴメリなど、さまざまな作家や作品が登場。同化/異化翻訳、実用/文学テキストなど、翻訳業界のアレコレを例示しつつ、直訳/意訳の不毛な議論にピリオド。…

美と共同体と東大闘争 三島由紀夫VS東大全共闘

【概要】著者(監督):三島由紀夫、東大全共闘 ☟これの文字起し。 www.youtube.com 近代ゴリラ、単身東大教養学部900教室に乗り込む。 「言葉というものはまだここで何ほどかの有効性があるかもしれない、ないかもしれない」 ときおり諧謔を交えながら全共…

安土往還記

【概要】著者(監督):辻邦生 宣教師のオマケでついてきた冒険家(?)が、外国人視点で織田信長や戦国日本のあれやこれやを描写する(という設定)。フロイスやヴァリニャーノも出る。辻邦生、これくらいの分量だと読みやすい。京都上洛から本能寺の変まで…

ヘミングウェイで読む英文法

【概要】著者(監督):倉林秀男 河田英介 『老人と海』でおなじみヘミングウェイ短編6編を収録。和訳、原文+問題、問題解説、文法講義、作品解説…の流れ。英文法を学びつつヘミングウェイの知らない一面も学べる。帯に曰く、「文法をみっちり学ぶことと、…

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編

【概要】著者(監督):外崎春雄 アニメ同様ゆっくりめ。魘夢戦、あかざ戦のボリュームがだいぶ増量されている。特に後者は手に汗握る死闘となっており気が抜けない(煉獄さんが落命するとわかっていても)。マンガ読み返してみたけどやっぱりテンポの速さす…

日本史サイエンス

A

【概要】著者(監督):播田安弘 元寇、秀吉の中国大返し、戦艦大和の実用性に関し、エンジニアリング的な面からの検討を主軸に据えて現実的に可能なのか検討する。物理的なリアリティを重視。エンジ的な科学・技術的知見を取り入れた人文学がアツい模様。そ…

わけあって絶滅しました

A

【概要】著者(監督):丸山貴史 監修:今泉忠明 絶滅した動物たちが自らの運命を語るスタイルが笑いと涙を誘う。多種多様な語り口が面白い。個人的にはやっぱりステラーカイギュウさんがお気に入り。知ってるようで知らない人(?)選が絶妙。 地球の気まぐ…

ストレスフリー大全

A

【概要】著者(監督):樺沢紫苑 心理学、生理学、医学、自己啓発、仕事術などの書籍や文献のエッセンスをまとめた。これ一冊でいいんじゃないかな。心と体の健康を保つことが今後はより重要になる。 YouTuberでもある模様。 www.youtube.com 【詳細】<目次…

海の見える理髪店

A

【概要】著者(監督):荻原浩 6編の短編を収める。掌の小説といった感じでよくまとまっている。四、五十頁の中に人生の悲喜劇が凝縮されている感じがよい。「海の見える街」「いつか来た道」「成人式」あたりが良かったかな(๑╹ω╹๑ ) www.bungei.shueisha.co…

エセー

【概要】著者(監督):モンテーニュ 訳:原二郎 ギリシャ・ローマ時代から1580年ごろの当時の旬のネタまで、古今東西、好き勝手に縦横無尽にしゃべくり倒す。吉田兼好的な物知りなひまおじさんにして引用おじさん。いつの世も人の考えることは大して変わら…

世界史の10人

A

【概要】著者(監督):出口治明 世界史APUおじさんが趣味で10人のリーダーを選ぶ。バイバルスやバーブル、アリエノールやフェデリーゴ2世など、人選が渋い。さすがの読み応え。登場人物の活躍した時代のみならず、その前後の時代も解説されるのでお得感あり…

告白

【概要】著者(監督):中島哲也 問題作の原作をエンタメ(?)に仕上げた。オムニバス形式で事件の真相とその後に迫る。よく考えたら7年前くらいに観てたわ(๑╹ω╹๑ ) 久々に観たら、終盤の少年Aママ爆死時の松たか子の「ドッカーーーンって!!️」に不覚にも…

劇場版 ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン

【概要】著者(監督):石立太一 アニメ版を振り返りつつ、少佐とヴァイオレットちゃんの関係性にスポットを当てた感じ(ていうかケジメを付けた感じ?)。個人的には前作の方が好きだけども、みんなすこすこな内容に仕上がってたと思うぞよ(๑╹ω╹๑ )一席空け…

西行花伝

【概要】著者(監督):辻邦生 長い。西行含む関係者へのインタビューを重ねて西行の生涯を浮き上がらせていく方式。天皇と上皇、貴族と貴族、武士と武士、大領主と小領主、時代の無数の軋みが新たな時代の扉を叩いた。運命に導かれるままに源平争乱の怒涛の…

朝が来る

A

【概要】著者(監督):辻村深月 不妊治療の末、養子縁組により育ての親となった夫婦の元に怪しげな刺客が。それは変わり果てた生みの親だった。不妊治療や養子縁組に関する理解が深まるのでは。養父母の愛情と実母の貧困逃亡生活が真に迫る。二人のお母ちゃ…

すみっコぐらし ここがおちつくんです/このままでいいんです

【概要】著者(監督):よこみぞゆり ブックオフ/古本市場にて。四コマ形式ですみっコの日常を描く。相変わらず、やさしさとかわいさとせつなさが同居しているぞ。 著者曰く、「すみっコぐらしをココロのすみっこにこれからも置いて」ほしいとのこと。相変…

七つの会議

【概要】著者(監督):福澤克雄 某沢直樹で見たことある人が集結。そこに萬斎を加えた日にゃあ…。 原作よりだいぶ盛ってあり面白い。東京中央銀行とか帝国航空が出てくるあたりに池井戸ワールドの一部であることを感じる。ギャグ寄りのパワハラ会議やドーナ…

鍵泥棒のメソッド

【概要】著者(監督):内田けんじ アマプラにて。主役のうち二人がどこかで見たような…。滑るシーンは予告で観たことあった。見ての通りなりすましで人生に急転回が起こる。殺し屋っぽい人が出てくるが基本はコメディ。テンポよさげ。みんないい感じのENDだ…

谷川俊太郎詩集

【概要】著者(監督):谷川俊太郎 編:ねじめ正一 谷川俊太郎、こども向けなイメージがあったが幅広く手掛けている模様。融通無碍な空想と宇宙とさみしさがリンクする。「かっぱ」「いるか」「いちねんせい」なんかは〇渕教室の国語発声で読んだ記憶が。「…

殿、利息でござる!

【概要】著者(監督):中村義洋 コメディっぽいがけっこうマジメ。宿場町の有志が仙台藩の労役負担に耐えかね基金設立+資産運用を画策する。仲間や資金集め、嘆願受理に5年くらいかかるのがリアル(というか実話)。冒頭のじいじの笑みは文脈によって全く…