サム・ジーヴァ帝国図書館(Javaさんのお部屋)

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

2019-05-06から1日間の記事一覧

2019GW

【概要】 GW10連休ということで、何かしたいなとは思ってたんですね。車旅とか。 でも混んでそうなのと運転中に本読めないので、結局いつも通り電車旅になるんですよね。トホホのホ。というわけで、今回はあんまり僕の知らない北陸や北関東とか、日本の真ん…

The Bookshop/マイ・ブックショップ

【概要】著者(監督):イザベル・コイシェ 戦争未亡人が本屋を開くが、数々の妨害に遭う。そんな英国の空のような曇った展開だが、女の子やブランディッシュじいちゃんとの交流でなんとかメンタを持たせる。 結局大逆転は起こらなかったが、最後に女の子が…

アルテミスの爪紅

【概要】著者(監督):犬童千絵短編集。統一性はない。ミイラ、ヌードモデル、獣人など、作者の興味の幅の広さはうかがえる。 【詳細】<目次> 地下室の白日夢 宵待草 野罌粟 recovering AガールBボーイ 押忍! 武美ちゃん!! 見つめないで 清隆の一夏 トル…

甲冑武闘

【概要】著者(監督):久慈光久作者の趣味が横溢している。重装騎士や軽装の剣闘士同士のタイマンなど、息もつかせぬほどの容赦ない命のやり取りを描く。 やっぱり甲冑とアキレイアが良いか。『狼の口』の小ネタもあるよ。 【詳細】<目次> 甲冑武闘 新兵…

国際線機長の危機対応力 

B

【概要】著者(監督):横田友宏 機長・副機長の仕事を紹介し、機長はシステムオペレーターだけでなくチームリーダーとしての能力も必要とされることを説明。まさに賢者(愚者は成事に闇く、智者は未萌に見る『戦国策』)。やや説教臭いがリーダー論としても…

英語の歴史

【概要】著者(監督):寺澤盾 ドイツ語との類似点、人称代名詞の格変化、語彙の豊富さ(雑駁さ)、スペルと発音の乖離など、英語の謎が明らかに。英国の歴史と合わせて考えるとよくわかる。言語学的には結構コアな話が多いのだが、小ネタが多くて読みやすい…

FACTFULLNESS/ファクトフルネス

S

【概要】著者(監督):ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング ロンランド 訳:上杉周作、関美和 これは読むべき本! 「世界では戦争、暴力、自然災害、人災、腐敗が絶えず、どんどん物騒になっている。金持ちはより一層金持ちになり…

総員起シ

【概要】著者(監督):吉村昭 海難事故の暗い秘密、沖縄戦に従軍した理髪師、伊号第三十三潜水艦沈没および引揚などの五短編を収録。人間が歴史の大いなる力につき動かされて動き回るさまを、著者お得意の淡々とした筆致で克明に描く。どれもずっしり重いが…

満潮の時刻

【概要】著者(監督):遠藤周作 太宰の『パンドラの匣』みたいに、主人公が入院する。 出征していないこと・生き残ったことへのうしろめたさ、入院中の心境や手術の描写、他の入院患者や看護婦・妻との交流には著者の経験が生きている模様。 『沈黙』のパイ…

ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来

A

【概要】著者(監督):ユヴァル・ノア・ハラリ 訳:柴田裕之 あらゆる事物のデータ化が進む21世紀に対し問題を提起する。 20世紀に長足の進歩を遂げた核兵器や医療などのテクノロジーは、それまでの人類が数千年も課題としてきた飢饉・疫病・戦争を、技術的…

"きれいな字"の絶対ルール 

A

【概要】著者(監督):青山浩之 「きれいな字」は「配慮のある字」。ふせんや赤字修正など、「字を書く機会が減ったからこそ、手書き文字の価値は高まっている」。悔しいが文字のきれいさが与える印象が大事なのは間違いない。 【詳細】 そこで本書では、脳…

日本の歴史5 王朝の貴族

A

【概要】著者(監督):土田直鎮 藤原氏の勢力伸長と摂関政治の完成を主軸に描く。当時の宮廷政治劇はもちろんのこと、中央政権の運営を担っていた彼らの衣食住や人生観・世界観などを窺い知れる『源氏物語』を読んでいるとわかりやすいと思う。 【詳細】 <…

三島由紀夫紀行文集

【概要】著者(監督):三島由紀夫 編:佐藤秀明 ミシマの紀行文(死語?)を集めた。 世界一周で「感受性を濫費」した彼は、ギリシャやリオに多くのページを割く。やっぱりギリシャが大好きな模様。 ニューヨークで映画『羅生門』の評価を聞いたり、リオで…