Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

科学・工学・数学

初級金属学

【概要】著者(監督):北田正弘 原子レベルでの金属の挙動を平易に解説する。金属の機械特性や鋼の熱処理に関し理解が深まる。空孔や転位などの欠陥がもぞもぞ移動していくのがイメージできるようになるか。電子雲もイメージできれば結晶の変態も身近に感じ…

学問の発見

【概要】著者(監督):広中平祐 特異点解消のフィールズ賞でおなじみ。著者が半生を振り返り、出逢った人々、学問や創造の喜び、数学上の発見などについて語る。人生の転機がいくつもあり、著者が数学者として成長していくドラマとも読める。 著者のように…

技術士試験勉強法

【概要】著者(監督):鳥居直也 「医師を除く理系の最高峰資格」たる技術士について概説する。資格の意義、一次試験および二次試験の問題内容、総合技術監理部門への手引きなど。ご学友が一次試験を受けていたのと、父が取得していることから興味が。なかな…

数学する身体

【概要】著者(監督):森田真生 古代ギリシャ~近代数学~現代数学と時代が下るにしたがって普遍化・対象化・非身体化を進めていく数学史を背景に、数学者・岡潔の再評価を行う。対象との同一化による「数学する」ことの追求。21世紀にあって、東洋的な・日…

数学ガール

【概要】著者(監督):結城浩 思ったより高度だが、高校数学程度の知識(代数、三角関数、数列、順列組合せ、微積分など)があればじゅうぶん読み進められる。数学的な厳密さよりも数学の楽しさを重視しており、一見異なる数学分野の水面下での緊密な繋がり…

理工書

良さげな理工書を紹介します。 日刊工業社の「基礎のきそ」シリーズが最近のお気に入りです。 <化学工学、化学プラント> ●『絵とき 配管技術 基礎のきそ』 化学プラント技術者必携。強度・圧損計算、弁の種類や金属の材質、振動や腐食などの留意点までヴォ…

復刻 100万人の金属学 基礎編

【概要】著者(監督):いろいろ 編:幸田成康 50年前の一般向け金属読み物。相図・変態・欠陥・転移から半導体まで、良くも悪くもトピックがころころ変わるので、ヴォリュームが帯に短し襷に長しなんだよな~。もっと一人の思想が濃密に反映された金属本を…

雲を愛する技術

【概要】著者(監督):荒木健太郎 パーセル君劇場(twitter)でおなじみ。雲愛の密度は伝わるのだが、いかんせん情報量が多すぎて疲れる。雲愛もちょっと重すぎる。でも雲のことを「子」といっているところに著者のいつわらぬ雲愛を感じた。 twitter.com 【…

計画の科学

【概要】著者(監督):加藤昭吉 かつて一世を風靡したPERT法の一般向け解説書。ネットワーク化・シーケンス化、クリティカルパスを意識して仕事に取り組む大切さを教えてくれる。ガントチャートではわかりにくいイベント間の関係や順序も整理できて面白そう…

失敗百選

【概要】著者(監督):中尾政之 工学的失敗事例をたくさん集めた。エンジニアたるもの、機械工学・金属工学・化学工学・電気工学・人間工学など広範な学問分野に通じていることが要求される。また本書、抽象化(上位概念の抽出)と具体化(事例の水平展開)…

ディープラーニングがわかる数学入門

【概要】著者(監督):涌井良幸 涌井貞美 ニューラルネットワークと回帰方程式によるモデル最適化・特徴量抽出というDLのコンセプト、勾配降下法や逆誤差伝播法などの数学的テクニックを教えてくれる。もちろんタイトルの通り計算過程のわかりやすExcelで。…

時計の科学

著者(監督):織田一朗 【概要】 日時計からクオーツ時計まで、時計・時間の歩みを概観する。エネルギー変換装置である時計の精度向上・構造の変化を見ていると、その時代時代における科学技術の最先端を詰め込まれていたのが時計だったのだと感ずる(それ…

時間とはなんだろう

著者(監督):松浦 壮 【概要】 ニュートン力学、相対論、電磁気学、量子力学、そして量子重力理論など、科学理論統一の歴史を概観する。定性的なストーリーを頭に入れてから定量的な学習をすると定着しやすいと思う。相対論や共振、くりこみの説明はわかり…

エンジニアの生存戦略

著者(監督):匠習作 【概要】 「激しい知的好奇心がなければエンジニアの仕事は苦痛でしかない」。技術史や技術士試験推し以外は「聞いたことあるような話」だったので、特に手元に置いておきたいとは思わない本だった。 【詳細】略。

現代暗号入門

著者(監督):神永正博 【概要】 「共通鍵暗号」「公開鍵暗号」「ハッシュ関数」等に関し、一般向けに解説。正直中盤からキツくなる。ICカードやネット決済、ビットコインなど、最新テクノロジーが暮らしに浸透していることを実感する。暗号は数学、わけて…

「香り」の科学

「香り」の科学 匂いの正体からその効能まで (ブルーバックス) [新書]著者(監督):平山令明【概要】「科学」というより「化学」の本。嗅覚の研究は歴史が浅くフロンティアを未だ多く残している。水蒸気蒸留(蒸気圧、分子拡散)や匂いを感じるメカニズム、…

ウニはすごい バッタもすごい

ウニはすごい バッタもすごい - デザインの生物学 (中公新書) [新書]著者(監督):本川達雄【概要】サンゴ、昆虫、ウニ・ヒトデ、貝、ナマコなどの生態とそれに適した身体のつくりをかじれる。生物学だけでなく、力学、生化学、流体力学など様々な学問分野…

バッタを倒しにアフリカへ

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書) [Kindle版]著者(監督):前野ウルド浩太郎【概要】バッタを追い求めてアフリカはモーリタニアまで跳ぶ。研究の道の厳しさと楽しさ、たくましさと泥臭さがないまぜになっており、面白く読めることうけあい。【詳細】…

三つの石で地球がわかる

三つの石で地球がわかる 岩石がひもとくこの星のなりたち (ブルーバックス) [新書]著者(監督):藤岡 換太郎【概要】カンラン岩、玄武岩、花崗岩の3つの石だけ覚えてくれ!地学マンでない人にも親切な設計。宇宙物理学からプレートテクトニクス、金属結晶…

暗黙知の次元

暗黙知の次元 (ちくま学芸文庫) [文庫]著者:マイケル・ポランニー【概要】要素の集合は全体にあらず。複雑系や自己組織化、脳や生体機能の統率など、20c後半に明らかになった「創発」科学の知見を例に引き、科学哲学を展開する。難解というより晦渋な文体に…

人はどのように鉄を作ってきたか

人はどのように鉄を作ってきたか 4000年の歴史と製鉄の原理 (ブルーバックス) [新書]著者:永田和宏評価:C【概要】たたら製鉄を中心に製鉄炉の歴史を振り返る。マニアックすぎて読むのが面倒になった。もっと鉄の物性や物理化学的な話が聞きたかった。【詳…

世界史を変えた薬

世界史を変えた薬 (講談社現代新書) [新書]著者:佐藤健太郎評価:B【概要】細菌やウイルスと人類の絶えざる争いを描く。マラリアや梅毒、エイズなどの感染症が歴史上の人物・事件に与えたダイナミックな影響を窺い知れる。この著者の本は非常に読みやすい。…

人工知能はいかにして強くなるのか?

人工知能はいかにして強くなるのか? 対戦型AIで学ぶ基本のしくみ (ブルーバックス) [新書]著者:小野田博一評価:B【概要】チェッカーやチェス、囲碁などのゲームを題材に、DeepLearning系AIの計算アルゴリズムの概要を解説(主成分分析による特徴量抽出、回…

理化学研究所 100年目の巨大研究機関

理化学研究所 100年目の巨大研究機関 (ブルーバックス) [新書]著者:山根一眞評価:B【概要】理研はでかい。理研100年のあゆみを適宜挿入しつつ、最先端の研究を10ほどのテーマに絞りレビューする。21世紀も技術革新は終わらないと確信した。日本がその波に…

攻殻機動隊

攻殻機動隊(1) (ヤングマガジンコミックス) [Kindle版]著者:士郎正宗評価:B+【概要】【詳細】<あらすじ>企業のネットが星を被い、電子や光が駆け巡っても国家や民族が消えてなくなる程情報化されていない近未来<印象>「攻性防壁」などの謎用語や光…

サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福 [単行本]著者:ユヴァル・ノア・ハラリ 訳:柴田裕之評価:A【概要】「虚構」を駆動力に驀進してきた人類史7万年の旅路を辿る。古今東西の統計データや歴史的事件・事象、さらに近年の科学的知見をまとめあげ物語…

パッセンジャー

『パッセンジャー』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ) [Video Game]監督:モルテン・ティルドゥム評価:B+【概要】Javaさん@Javaloustyパッセンジャー:系外惑星への移民船が旅の途上でシステムエラー、一人の乗客が眠りから覚める!やがてヒロ…

へんな星たち

へんな星たち 天体物理学が挑んだ10の恒星 (ブルーバックス) [新書]著者:鳴沢真也評価:B【概要】奇妙な振る舞いをする星たちを紹介しながらHR図に対する理解を深める。天文学者のドラマや観測の舞台裏の話は面白いが、若干著者のノリが鬱陶しいのが気にな…

言ってはいけない

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書) [新書]著者:橘玲評価:B+【概要】近年の遺伝学の知見を紹介しながら、遺伝と環境、男と女にまつわる残酷な真実を暴いていく。「ま、残念ながらこういうことなんだけど受け入れて、こうしてかないとね」と提案し…

亜澄錬太郎の事件簿2 殺意の卒業旅行

サイエンスミステリー 亜澄錬太郎の事件簿2 殺意の卒業旅行 [Kindle版]著者:齊藤 勝裕評価:B【概要】相変わらず誤字が多い!(怒)そしてコナン君ばりに起こる連続殺人!(死)でも、ロータリーエバポくんやソックスレーくんの素性が少しわかったので良し…