Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

S

西脇順三郎詩集

西脇順三郎詩集 (岩波文庫 緑130-1) [文庫]編:那珂太郎評価:A【評】天衣無縫、予測不能、回避不可能。博学にしてシュール一歩手前の現代詩。われわれは試されている。コトバのまさかの組み合わせや結びつきに驚嘆せよ。<あむばるわりあ 詩情(あとがき)…

ギリシア・ローマ名言集

ギリシア・ローマ名言集 (岩波文庫) [文庫]編:柳沼重剛評価:A【評】説明不要。古今東西かわらない、旧くて新しい人間のいとなみが、ありありと蘇ってきますね。<希臘篇>21.蟹をまっすぐ歩かせるなどできぬこと。25.すぐに古びてしまうものは何かと問われ…

般若経典

般若経典 (現代語訳大乗仏典) [単行本]著者:中村元評価:A【評】『般若心経』『金剛般若経』『八千頌般若経』のダイジェスト版。ほんとに仏教は東洋思想の大きな母体となっているなあと思う。ただ、早熟すぎてすぐに世界の秘密<空>に行きついちゃったから…

中原中也詩集

中原中也詩集 (新潮文庫) [文庫]著者:中原中也評価:A【評】『山羊の歌』『在りし日の歌』+未刊詩篇を収録『汚れつちまつた悲しみに……』、『サーカス』『生ひ立ちの歌』『骨』『正午』など名品が並ぶ。 繊細で、清いけれどももの悲しい彼の詩を、茲に一部…

古今和歌集

古今和歌集 (岩波文庫) [文庫]校注:佐伯梅友評価:A【評】日本古典文学の鋭鋒。ヤマトのクール宅急便。千年余前のこころが、三十一のことばから、いま、すぐ、ここに蘇って来る。和歌は、人の心を種として、万の言の葉とぞなれりける。世の中にある人、事・…

三国志

三国志 文庫 全8巻 完結セット (吉川英治歴史時代文庫) [文庫]著者:吉川英治評価:A【評】英雄はただ英雄たるばかりでは何もできない。覇業を成す者は、常に三つのものに恵まれているという。天の時と、地の利と、人である。アツいけど厚いわ!おなじみの吉…

星を継ぐもの

星を継ぐもの (創元SF文庫) [文庫]著者:J・P・ホーガン 池央耿評価:A【評】「何者であるかはともかく・・・・・・チャーリーは五万年以上前に死んでいるのです」ハードSFの金字塔。月で発見されたルナリアンの死体から始まった謎。謎が謎を呼ぶ。一つ一…

密教経典・他

密教経典・他 (現代語訳大乗仏典) [単行本]著者:中村元評価:A【評】『金光明経』『理趣経』『大日経』。『金光明経』東洋的君主論。是の故に応に 正法に随って世を治め善を以て国を化き 非法に順ぜざるべし寧ろ身命を捨つるも 眷属を愛せざれ親しきもの親…

金子みすゞ名詩集

金子みすゞ名詩集 [文庫]編:彩図社文芸部評価:A【評】有名どころをしっかりカヴァー。ACでおなじみの『こだまでしょうか』も収録。植物や小動物を擬人化したり、こどもの世界を表現したりするのが得意技。並列と多層構造を駆使した詩の構成は見習いたい。…

『華厳経』『楞伽経』

『華厳経』『楞伽経』 (現代語訳大乗仏典) [単行本]著者:中村元評価:A【評】ハジメが『華厳経』と『楞伽経』のダイジェスト版をお送りする。インドからシルクロード、コータンそれから中国、朝鮮半島、日本と、さらに南方のジャワにいたるまで、全アジアが…

ある明治人の記録

ある明治人の記録―会津人柴五郎の遺書 (中公新書 (252)) [新書]編著:石光真人評価:A【評】いくたびか筆とれども、胸塞がり涙さきだちて綴るにたえず、むなしく年を過して齢すでに八十路を越えたり。父母兄弟姉妹ことごとく地下にありて、余ひとりこの世に…

正法眼蔵随聞記

正法眼蔵随聞記 (岩波文庫) [文庫]編:懐奘 校訂:和辻哲郎評価:A【評】主君父母も我に悟りを与ふべからず。妻子眷属も我が苦みを救ふべからず。財宝も我が生死輪廻を截断すべからず。世人も我をたすくべきにあらず。非器なりと云ひて修せずんば何の劫にか…

出家とその弟子

出家とその弟子 (岩波文庫) [文庫]著者:倉田百三評価:A【評】「このままで、このままで」「みんな助かっているのではなかろうか」すべては阿弥陀の摂取につつまれ救われる。左衛門も、唯円もかえでも、そして親鸞でさえも。私たちの魂の真実を御覧なさい。…

逝きし世の面影

逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー) [単行本(ソフトカバー)]著者:渡辺京二評価:A【評】日本近代が経験したドラマをどのように叙述するにせよ、それが一つの文明の扼殺と葬送の上にしか始まらなかったドラマだということは銘記されるべきである。扼殺と…

ブッダのことば

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫) [文庫]訳:中村元評価:A【評】ハジメが梵語から訳出した、仏教最古の聖典。ゴータマさん、道場破りないし悩み相談に来た訪問者をあざやかに対処していく。生きとし生けるものへの愛、因果、輪廻、無常、分別・五…

イスラーム哲学の原像

イスラーム哲学の原像 (岩波新書) [新書]著者:井筒俊彦評価:A【評】神秘主義と哲学の結婚。『意識と本質』のイスラーム部分の掘り下げといっていい。唯識論、仏教、道教、宋学など東洋哲学に底流する、「存在の深みに行って戻ってくる」という考え、p.56の…

日本語が亡びるとき

増補 日本語が亡びるとき: 英語の世紀の中で (ちくま文庫) [文庫]著者:水村美苗評価:A【評】「人はなんとさまざまな言葉で書いているのか」外国で非英語圏の人々と関わってきた著者がものした警世の書。「パリでの話」は圧巻。たびたび挿入される『三四郎…

おくりびと

おくりびと [DVD] [DVD]著者:滝田洋二郎評価:A【評】モッ君が納棺師になる。小品感を見せつつも音楽は譲、と力の入れ具合が伝わる。マジメ一辺倒ではなく、ビデオ撮影や納棺キッスなどのヒュ~モアを絶妙に入れてくるので、中だるみがない。銭湯のおばさん…

愛の贈りもの

星野富弘 愛の贈りもの [大型本]著者:星野富弘評価:A【評】「愛、深き淵より。」「新編 風の旅」の代表作二冊を収録。命のきらめき、世界の美しさを宿した闘病記・詩画集。母を道づれの闘病生活。突然首から下の感覚を喪失し、生死の境を何度もさ迷い、気…

意識と本質

意識と本質―精神的東洋を索めて (岩波文庫) [文庫]著者:井筒俊彦評価:A【評】東洋哲学――その根は深く、歴史は長く、それの地域的拡がりは大きい。さまざまな民族の様々な思想、あるいは思想可能体、が入り組み乱れて、そこにある。東洋哲学の諸伝統を、時…

歎異抄

歎異抄 (岩波文庫 青318-2) [文庫]著者:唯円 校注:金子大栄評価:A【評】親鸞聖人のお言葉集。そして異を歎く抄。如来の阿弥陀に、他力の本願に、身も心も委ねてしまおう。善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。自力のこころをひるがへして、他力を…

芭蕉俳句集

芭蕉俳句集 (岩波文庫) [文庫]校注:中村俊定評価:A【評】バショウ・ザ・オナジミ・ラッシュ。あとはキミの目で確かめろ!!!【レジェンド俳諧】山路来て 何やらゆかし すみれ草 古池や 蛙飛込む 水のをと草の戸も 住替る代ぞ ひなの家夏草や 兵共が ゆめ…

豊饒の海

春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫) [ペーパーバック] 著者:三島由紀夫評価:A【評】 十三歳の清顕は美しすぎた。 ほかの侍童と比べても、清顕の美しさは、どんなひいき目もなしに、際立っていた。 色白の頬が上気してほのかに紅をさしたように見え、眉は…

イスラーム文化

イスラーム文化−その根柢にあるもの (岩波文庫) [文庫]著者:井筒俊彦評価:A【評】人間存在のあらゆる局面を通じて、終始一貫して『コーラン』に現れている神の意志を実現していくこと、それがイスラームの見る宗教生活なのであります。イスラーム教徒が歴…

サウンド・オブ・ミュージック

サウンド・オブ・ミュージック<1枚組> [Blu-ray] [Blu-ray]監督:ロバート・ワイズ評価:A【評】名曲の数々に乗せておくる、ミュージカル映画の名作。感情が昂ぶると、自然に体が動いちゃうんだ。ドレミファソラシ7姉弟登場、センセイのドレミ講習、パパ反省…

項羽と劉邦

項羽と劉邦 (上) (新潮文庫) [文庫]著者:司馬遼太郎評価:A【評】「鴻門の会」「背水の陣」「四面楚歌」などでおなじみ、両雄と群雄たちの、蜥蜴が龍になるまでの物語。天下を治める人望とめしの重要さを、俠とアジア的個のすがたを、学び取れ。シヴァお得…

ルバイヤート

ルバイヤート (岩波文庫 赤 783-1) [文庫]著者:オマル・ハイヤーム 訳:小川亮作評価:A【評】世の無常・無情をかこつ千年前の万能の人。彼らにはめずらしく神や世界をdisっていくスタイル。無常をかこちながらも酒と美少年など、現世はしっかり楽しむ複雑…

寺田寅彦随筆集

寺田寅彦随筆集 (第1巻) (岩波文庫) [文庫]著者:寺田寅彦評価:A【粗評】名文で綴られるテラトラの随筆。少ししっとりしていて決して読みやすくはないが、高雅な感じがある。そして各随筆の最終段落が効く。さあ頁を繰ると『どんぐり』。いきなりの名随筆出…

仰臥漫録

仰臥漫録 (岩波文庫) [文庫]著者:正岡子規評価:A【粗評】子規式死期の見つめ方。敷き布団の上にも四季は来ると見える。「朝ぬく飯二椀 佃煮 梅干牛乳五尺ココア入り 菓子パン数個」式の子規の闘病記。毛筆にて記されたる或る男の生きた証なり。俳句・短歌…

枕草子

枕草子 (岩波文庫) [文庫]著者:清少納言 校訂:池田亀鑑評価:A【粗評】『方丈記』『徒然草』より時代が古いのでなかなか読みにくい。岩波文庫のでは訳はあって無きがごとしなので、講談社学術文庫のを薦める。中宮マジリスペクトなキヨシが、現では苦しく…