Javaさんのお部屋(サム・ジーヴァ帝国図書館)

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

2015-10-14から1日間の記事一覧

金子みすゞ名詩集

金子みすゞ名詩集 [文庫]編:彩図社文芸部評価:A【評】有名どころをしっかりカヴァー。ACでおなじみの『こだまでしょうか』も収録。植物や小動物を擬人化したり、こどもの世界を表現したりするのが得意技。並列と多層構造を駆使した詩の構成は見習いたい。…

暗記しないで化学入門

暗記しないで化学入門―電子を見れば化学はわかる (ブルーバックス) [新書]著者:平山令明評価:B+【評】大学化学の、π結合やsp3軌道、電子の移動が分らなかった人はこれを読んで再突撃することを勧める。無味乾燥な化学反応を、電子が動き回る様子をこま送り…

『華厳経』『楞伽経』

『華厳経』『楞伽経』 (現代語訳大乗仏典) [単行本]著者:中村元評価:A【評】ハジメが『華厳経』と『楞伽経』のダイジェスト版をお送りする。インドからシルクロード、コータンそれから中国、朝鮮半島、日本と、さらに南方のジャワにいたるまで、全アジアが…

ある明治人の記録

ある明治人の記録―会津人柴五郎の遺書 (中公新書 (252)) [新書] 編著:石光真人【評】 いくたびか筆とれども、胸塞がり涙さきだちて綴るにたえず、むなしく年を過して齢すでに八十路を越えたり。 父母兄弟姉妹ことごとく地下にありて、余ひとりこの世に残さ…

エンジニアのための化学工学入門

B

エンジニアのための化学工学入門 (KS化学専門書) [単行本(ソフトカバー)]著者:斎藤恭一評価:B【評】『道具としての微分方程式』と大体同じ。マヘモのアナロジー、ジワジワとドヤドヤ、(使いにくい)入りたまご消して出るなどはっきり言って内容の割に高…

驚きの皮膚

驚きの皮膚 [単行本(ソフトカバー)]著者:傳田光洋評価:B+【評】「脳だけで意識は生まれない。脳と体、とりわけ身体と環境との境界をなす皮膚との相互作用で意識が生まれる」という考えに基づき、いろいろな領域にわたって皮膚、身体感覚論を展開する。筆…

正法眼蔵随聞記

正法眼蔵随聞記 (岩波文庫) [文庫]編:懐奘 校訂:和辻哲郎評価:A【評】主君父母も我に悟りを与ふべからず。妻子眷属も我が苦みを救ふべからず。財宝も我が生死輪廻を截断すべからず。世人も我をたすくべきにあらず。非器なりと云ひて修せずんば何の劫にか…

コミュ障 動物性を失った人類

コミュ障 動物性を失った人類 正しく理解し能力を引き出す (ブルーバックス) [新書]著者:正高信男評価:B【評】顔の表情やヘビの写真を読み取る実験の結果を示したのち、人工物が身の回りに氾濫し、自分自身の安全を確保するために、自らの五感をフル活用す…

経済学の考え方

経済学の考え方 (岩波新書) [新書]著者:宇沢弘文評価:B【評】アダム・スミス、リカード、マルクスにはじまり現代(80's)経済学までの発展の流れを概観。近代経済学(ワルラスの一般均衡理論)あたりから徐々にわからなくなりフェードアウト。初心者向けで…

離散数学「数え上げ理論」

離散数学「数え上げ理論」―「おみやげの配り方」から「Nクイーン問題」まで (ブルーバックス) [新書]著者:野﨑昭弘評価:B【評】「~は何通りあるか?」系の問題の解き方(通り数の数え方)に関して最高になりたいキミに。オイラーの定理、カタラン数、包除…

経営者の条件

ドラッカー名著集1 経営者の条件 [単行本] 著者:P.F.ドラッカー 訳:上田惇生評価:B+【評】原題がThe Effective Executiveとなっていて面白い。曰く、「知識労働者の生産性のみが、低賃金の発展途上国との競争下で先進工業国における高度の生活水準を可能…

夢十夜

夢十夜 他二篇 (岩波文庫) [文庫]著者:夏目漱石評価:B+【評】夢幻の世界へさあ行こう。「こんな夢を見た」ではじまる一話完結全十話の『夢十夜』、『文鳥』『永日小品』を収録。表題作第一話の枕元の女、第六話の木に埋まった仁王の話はあまりにも有名。『…

魔法ファンタジーの世界

C

魔法ファンタジーの世界 (岩波新書) [新書]著者:脇明子評価:C【評】最近多いヴィジュアルなファンタジーの危険なところ。「病的なものやばかげたもの」が出てきても気にせず受け入れてしまうとこ。アホになる。深みがない。刺激重視なのが多いのも問題。フ…

ベートーヴェンの生涯

ベートーヴェンの生涯 (岩波文庫) [文庫]著者:ロマン・ロラン 訳:片山敏彦評価:B【評】彼らの生涯の歴史の中に読み採ることは、――人生というものは、苦悩の中においてこそ最も偉大で実り多くかつ最も幸福でもある、というこのことである。 母の死、聾疾、…