Javaさんのお部屋(サム・ジーヴァ帝国図書館)

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

S

歎異抄

歎異抄 (岩波文庫 青318-2) [文庫]著者:唯円 校注:金子大栄評価:A【評】親鸞聖人のお言葉集。そして異を歎く抄。如来の阿弥陀に、他力の本願に、身も心も委ねてしまおう。善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。自力のこころをひるがへして、他力を…

芭蕉俳句集

芭蕉俳句集 (岩波文庫) [文庫]校注:中村俊定評価:A【評】バショウ・ザ・オナジミ・ラッシュ。あとはキミの目で確かめろ!!!【レジェンド俳諧】山路来て 何やらゆかし すみれ草 古池や 蛙飛込む 水のをと草の戸も 住替る代ぞ ひなの家夏草や 兵共が ゆめ…

豊饒の海

春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫) [ペーパーバック] 著者:三島由紀夫評価:A【評】 十三歳の清顕は美しすぎた。 ほかの侍童と比べても、清顕の美しさは、どんなひいき目もなしに、際立っていた。 色白の頬が上気してほのかに紅をさしたように見え、眉は…

イスラーム文化

イスラーム文化−その根柢にあるもの (岩波文庫) [文庫]著者:井筒俊彦評価:A【評】人間存在のあらゆる局面を通じて、終始一貫して『コーラン』に現れている神の意志を実現していくこと、それがイスラームの見る宗教生活なのであります。イスラーム教徒が歴…

サウンド・オブ・ミュージック

サウンド・オブ・ミュージック<1枚組> [Blu-ray] [Blu-ray]監督:ロバート・ワイズ評価:A【評】名曲の数々に乗せておくる、ミュージカル映画の名作。感情が昂ぶると、自然に体が動いちゃうんだ。ドレミファソラシ7姉弟登場、センセイのドレミ講習、パパ反省…

項羽と劉邦

項羽と劉邦 (上) (新潮文庫) [文庫]著者:司馬遼太郎評価:A【評】「鴻門の会」「背水の陣」「四面楚歌」などでおなじみ、両雄と群雄たちの、蜥蜴が龍になるまでの物語。天下を治める人望とめしの重要さを、俠とアジア的個のすがたを、学び取れ。シヴァお得…

ルバイヤート

ルバイヤート (岩波文庫 赤 783-1) [文庫]著者:オマル・ハイヤーム 訳:小川亮作評価:A【評】世の無常・無情をかこつ千年前の万能の人。彼らにはめずらしく神や世界をdisっていくスタイル。無常をかこちながらも酒と美少年など、現世はしっかり楽しむ複雑…

寺田寅彦随筆集

寺田寅彦随筆集 (第1巻) (岩波文庫) [文庫] 著者:寺田寅彦【粗評】名文で綴られるテラトラの随筆。少ししっとりしていて決して読みやすくはないが、高雅な感じがある。そして各随筆の最終段落が効く。さあ頁を繰ると『どんぐり』。いきなりの名随筆出現。一…

仰臥漫録

仰臥漫録 (岩波文庫) [文庫]著者:正岡子規評価:A【粗評】子規式死期の見つめ方。敷き布団の上にも四季は来ると見える。「朝ぬく飯二椀 佃煮 梅干牛乳五尺ココア入り 菓子パン数個」式の子規の闘病記。毛筆にて記されたる或る男の生きた証なり。俳句・短歌…

枕草子

枕草子 (岩波文庫) [文庫]著者:清少納言 校訂:池田亀鑑評価:A【粗評】『方丈記』『徒然草』より時代が古いのでなかなか読みにくい。岩波文庫のでは訳はあって無きがごとしなので、講談社学術文庫のを薦める。中宮マジリスペクトなキヨシが、現では苦しく…

トップをねらえ!

トップをねらえ! Vol.1 [DVD] [DVD]監督:庵野秀明評価:A80年代末の燃え×萌えアニメ。良いGAINAX。友情・努力・勝利が25×6分に。縮退度はジャンプ漫画よりも高い。 まだ、みんなと同じ時を生きてる これからおねえさまと二人だけの時間が流れはじめるんだわ…

方丈記

方丈記 (講談社学術文庫) [文庫]著者:鴨長明 訳注:安良岡康作評価:A【粗評】災害語り部おぢさんこと鴨長明。非常にストイック。五つの災禍について語った後、孤高の隠遁生活および心の持ち方について。 世の無常や自己の心の弱さを「抉剔」し尽す。最後に…

吾輩は猫である

吾輩は猫である (角川文庫) [文庫]著者:夏目漱石評価:A【粗評】吾輩は猫である。名前はまだない。苦沙弥先生の臥竜窟に集った「太平の逸民」たちの会合を、人間世界の日常を、猫の日常を、「猫の目玉のようにぐるぐる回転する」外発的な開化に苦悩する明治…

中庸

中庸 (講談社学術文庫) [文庫]著者:子思 訳注:宇野哲人評価:A【粗評】子程子曰、不偏之謂中、不易之謂庸。中者天下之正道、庸者天下之定理。不偏不倚にして過不及無く、時に随い変に処してその宜しきに叶う、「中庸」の徳を身につけたいキミに。科挙を受…

私の個人主義

私の個人主義 (講談社学術文庫) [文庫]著者:夏目漱石評価:A【粗評】漱石は講話の名手だった。そんな旧千円札の名講演5篇を収録。何かに打ち当るまで行くという事は、学問をする人、教育を受ける人が、生涯の仕事としても、あるいは十年二十年の仕事として…

善の研究

善の研究 (岩波文庫) [文庫] 著者:西田幾多郎評価:A【粗評】国産近代哲学の原点。 プラトー、アウグスチヌス、デカルト、カント、ヘーゲル、ゲーテの言葉や聖書の文句を引用しながら、 西田哲学のエッセンスを注入。 もともとが講義の草案であるためか、 …

禅 (ちくま文庫) [文庫]著者:鈴木大拙 訳:工藤澄子評価:A【粗評】Zen. KANZOやINAZOの系譜を継ぐ英文著作。DAISETSU曰く「一読すれば、大体、近代的に禅の何たるかを知得することができる」。たびたび挿入される気違い禅問答が論理を打ち砕く。おそらく禅…

イスラーム生誕

イスラーム生誕 (中公文庫) [文庫]著者:井筒俊彦評価:A【粗評】いかにして、なぜ、ジャーヒリーヤ(無道)時代から天翔ける奔馬のごとくイスラーム世界が誕生したのか、そして、イスラームはどのような宗教的性格をもっているのか。イスラームの碩学・井筒…

細雪

細雪 (上) (新潮文庫) [文庫]著者:谷崎潤一郎評価:A【粗評】ジュンジュン渾身の作。関西弁。名家の美人4姉妹というファンタジー設定も大谷崎の手にかかればこの通り。『細雪』は雪子の「雪」か、はたまた三姉妹の自由な交わりの終焉を意味するのか。まあそ…

日本の歴史をよみなおす

日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫) [文庫]著者:網野善彦評価:A【粗評】ほぼ十四世紀に南北朝の動乱という大きな変動がありますが、それを経たあとと、それ以前の十三世紀以前の段階とでは、非常に大きなちがいがある。ですます調で紋切り史観…

おくのほそ道

英文収録 おくのほそ道 (講談社学術文庫) [文庫]著者:松尾芭蕉 英訳:ドナルド・キーン評価:A【粗評】日本の心をキーンが翻訳。現代語訳はないが時代が下っているので問題なく読める。「夏草や」「閑さや」の俳句・短歌だけでなく、地の文も趣満載。芭蕉が…

赤ひげ

赤ひげ【期間限定プライス版】 [DVD] [DVD]評価:A【粗評】世界の黒沢×世界の三船。そして「 休 憩 」。もはや定番。もはや様式美。原作は周五郎。長崎帰りのエリート青年医師・安本君がひょんなことから赤ひげの養生所でインターン。患者の臨終を看取ったり…

独裁者-The Great Dictator

独裁者 [DVD] [DVD]評価:A【粗評】監督脚本主演・チャップリン。ナチスたけなわの1940年公開。チャップリンのキレキレコミカルな動き、舞台装置・小道具の謎ギミックには幾度も笑わせてもらった。なかでも髭剃りシーンは最高。さんざんおふざけしたところで…

論語

論語 (岩波文庫) [文庫]訳注:金谷 治評価:A【粗評】みんな知ってる、孔子と弟子たちの言行録。「学びて時に~」「巧言令色~」「過ぎたるは~」「己れの欲せざる~」など既視感ある金言がズラリと並ぶ。聖人君子を目指し、仁徳を身につけたいキミに。「~…

雪 (岩波文庫) [文庫] 著者:中谷宇吉郎【粗評】よもやま雪ばなしのあと、雪の研究のはなし。氷点下の中で行われる研究は、まさに努力の結晶。研究のことを、それなりに詳しく話してくれて、かつ分りやすい。それもそのはず、 読者は自然科学の研究というも…

大空のサムライ-かえらざる零戦隊

大空のサムライ―かえらざる零戦隊 (光人社NF文庫) [文庫]著者:坂井三郎評価:A【粗評】面白い。愛機を操り、感覚を極限にまで研ぎ澄ませ、死生の境界に生きる。高空、高速で繰り広げられる命のやりとり。時間の感覚も、生死の境界も薄らいでいく。その中で…

国家

国家〈上〉 (岩波文庫) [文庫]著者:プラトン 訳:藤沢令夫評価:A【粗評】プラトン渾身の著作。ギリシャの光と風が紙からにじみ出ている(マジです)。「〈正義〉とは何か」から始まる議論は、国家論・イデア論と移りながら、読者を思索の旅に誘う。登場人…

李白詩選

李白詩選 (岩波文庫) [文庫]編:松浦友久評価:A【粗評】漢詩に目覚めるべく杜甫と李白の作品にふれてみよう。詩仙李白。詩聖杜甫。絶句の李白。律詩の杜甫。うん、李白派。異民族説や捉月伝説は面白い。「詩聖」杜甫の120首を詩形順に。『静夜思』や『黄鶴…

杜甫詩選

杜甫詩選 (岩波文庫) [文庫]編:黒川洋一評価:A【粗評】漢詩に目覚めるべく杜甫と李白の作品にふれてみよう。『蒼穹の昴』にインスパイアされたのは秘密。「詩聖」杜甫の140首を年代順に。国破れて~でおなじみの『春望』もあるよ。『春望』はもちろん、『…

日本の思想

日本の思想 (岩波新書) [新書]著者:丸山真男評価:A【粗評】1961年刊。まさおの50年超ロングセラー。『日本の思想』ほか三篇を収める。欧米文化・思想・技術の吸収、「國體」の創出など、開国後の日本は性急な近代化を推し進めた。その近代化を可能にし、近…