Javaさんのお部屋(サム・ジーヴァ帝国図書館)

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

2018-08-25から1日間の記事一覧

インカ皇統記

【概要】著者(監督):インカ・ガルシラーソ・デ・ラ・ベガ 訳:牛島信明 (1)「征服した側とされた側の、ほとんど最良の血が流れている」著者がインカ帝国の歴史・社会・風物をしゃべくり倒す。400年前といえども黄金の輝きを放っている。そう、インカ帝…

デジタルネイチャー

【概要】著者(監督):落合陽一 侘び寂び、事事無碍、物化、AI、仮想通貨、メディアアートなど古今東西の様々な概念を坩堝で混合し、来るべきデジタルネイチャー的世界観を提示する。 つぎつぎに紙面に現れる奇抜な概念の数々に溺れそうになる。深浅や真偽…

黄金の国の光と陰

A

【概要】著者(監督):M・スティングル 訳:坂本明美 マチュピチュ旅で読む。マチュピチュの風か水か砂塵の一分子くらいは付着しているはず。インカ帝国の歴史・地理・社会制度・宗教・文化などに関し一通り網羅している。達意の訳で読みやすい。ローマ帝国…

縄文人の死生観

B

【概要】著者(監督):山田康弘 中妻貝塚の多数合葬・複葬を契機とする著者研究者人生のあけぼのから説き起こし、この葬送が示唆する縄文人の死生観・人生観、生活様式などを推察する。骨のもたらす身体上の特徴や縄文人のライフヒストリーモデル、妊娠線や…

はじめての土偶

B

【概要】監修:武藤康弘 文:譽田亜紀子 東京国立博物館の縄文展にて。 遮光器土偶、中空土偶、縄文のビーナス、仮面の女神、合掌土偶などのエースはもちろんのこと、ミミズク土偶、ハート型土偶、ドラえもん土面、筒型土偶、イノシシまで網羅。文様や造形は…

タタール人の砂漠

A

【概要】著者(監督):ブッツァーティ 訳:脇功 平凡で単調な日常のなかで、起こりもしない希望や栄光を待ちながら、その場所に居続ける。だが、いざその時が来てみると、もう年老いており機会を逸してしまう。そんな「むさぼるように人生を刻んでいく時の…

井筒俊彦の学問遍路

【概要】著者(監督):井筒豊子 夫の井筒俊彦とともに過した海外での学問遍歴をエッセイで振り返る。大学者にも伴侶はおり、日常の姿がある。エッセイはいいのだが、評論は一文が長く文意がつかみづらい。だが、夫の言語哲学を継承せんとする妻の気概が感じ…

モンスター上司/Horrible Bosses

【概要】著者(監督):セス・ゴードン 三人の男たちがそれぞれのハラスメント上司に復讐する。次々に繰り出される下品な英語が興味深い。上司を窓ガラスから突き落す妄想は誰でも覚えがあるのでは。Total Fucking Asshole, Evil Crazy Bitch, Dipshit Cokhe…