Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

湯を沸かすほどの熱い愛

 

湯を沸かすほどの熱い愛

著者(監督):中野量太

【概要】

登場人物やアイテム、タイトル…大量の伏線が終幕に向けて収束していくあたりに、プロットの妙と人生の有意味性を見たい。一見ゾッと・ウッとするような大団円のラストではあるが、それを許せてしまうのは、そのシーンまでの積み重ねがあるからかもしれない。

【詳細】
<あらすぎるあらすじ>
末期がんで2,3ヶ月の命となった母。

残された時間で懸案事項の解決を決意。

  • 湯気のように蒸発した夫の捜索・再加入(次女含む)。
  • 長女の闘い。強引だったがいまなら許せる。
  • 銭湯の再開。
  • 次女の家族再加入。
  • 死出の旅。
  •  ヒッチハイカーたくみくんとの邂逅。北海道行きを約束させる。
  •  長女出自の謎解明。
  • 実母のお宅訪問・器物損壊。

ラストはもちろん大団円。

厳しくも優しい愛が、文字通り湯を沸かしたのであった。

 

<印象>

・伏線

登場人物やアイテム、タイトル…大量の伏線が終幕に向けて収束していくあたりに、プロットの妙と人生の有意味性を見たい。

  • 謎の人物から送られてくるカニ⇒カニ旅
  • 手話わかる⇒実母との会話に使用
  • ブラジャー⇒ぬぎぬぎして肌をあらわに 今は体育の時間じゃないから
  • しゃぶしゃぶ⇒しゃ~ぶしゃ~ぶ言いたくなる
  • 探偵/ヒッチハイカー/実母⇒再登場
  • ピラミッド⇒木製ピラミッド、人間ピラミッド
  • 赤⇒車、花束、かまどに続く花びら

 

・笑い

  • 夫の頭をおたまの丸くない方で叩き、血を丸い方で受ける。
  • おしっこパンツをドアノブにかける長女。

 

・女系の強みと連帯感。女親3人と娘2+1人。

・「おかあちゃん」の響き。