Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

ありがとう、トニ・エルドマン


著者(監督):マーレン・アデ

【概要】
公式サイト参照。
少々、いやだいぶ頭がおかしい映画。GLOA熱唱と全てを投げ出した全裸パーティが印象に残る。
160分と長いので疲れるが、こういう訳わかんない映画もありかな。

【詳細】
あらすじ
基本はドイツ語。ビジネス時は英語に切り替わる。
巨漢の変なオヤジとコンサル転勤族の娘。そんなチグハグな父娘の物語。
娘の勤務地ブカレストでストーリー進行。父は娘が元気か見に来る。

ビジネスと無縁な父がパーティや懇親会になぜか参加。パパ浮いてる。
石油事業の首切りを任された汚れ役みたいだけど、どうやらお得意様に印象悪いみたい。
プレゼンの日、うっかり寝坊して娘ブチギレ。お父さんしょんぼり。
 
仕事のミス、心をすり減らすような生活、気の進まない業務内容、女子会にも乗り込んでくるパパ。
いろんな意味で涙がでちゃう。
もちろん彼氏との情事にも気分は乗らない。
これ以降のシーンはPG12、いやPG15だ。
愛のコリーダ的モザイクはかかるが、明らかに手淫シーンはいらないだろ!
クリームパイ事件(お菓子にかけてお菓子に)のシーンはどんな顔したらいいか分からなかったぞ。

女子会、クラブ、オフィス、レストラン、果てには娘の家にもに出没するパパ。
ホームパーティにいやいや連れてこられ、イースターエッグをぬりぬりしたあと、パパのアシストで歌唱要請。
すると、感情が決壊したようにGREATEST LOVE OF ALLをノリノリで熱唱する娘。吹っ切れた。

今度は会社の人を招いてのホームパーティ。
着脱しにくい服が脱げないでいるところに呼鈴が。
ええいままよ、このまま応対だ!
「全裸じゃない奴は参加すんな! そういうパーティなんだよ!」アカン、この女吹っ切れとる。
以降、おパンツどころかパイオツの嵐が吹き荒れる。
おい、パイオツたれぱんだじゃねーか!

もう誰も来ないかと思ったら秘書が来る。マジメでかわいい。
謎の毛むくじゃら生物も来る。絶対パパだ。
さらに、まさかのボスも全裸で登場(もち股間にモザイク)。 
吹っ切れついでに、すべてを投出してやけっぱちで脱走。たまってたんだね。
そんな彼女を抱きしめてくれるの毛むくじゃらは、やっぱりパパでした。
そんな一か月間の出来事。

場面は移り、ババの死で父娘再会。
娘はどうやら会社を辞め、マッ〇ンゼーに転職したようだ(続けてたら尊敬するわ)。
入れ歯や帽子、「後になって大切さが分かる」ものもあるという父の言葉に触れてみて、人生の苦味とコクに気付いた気がする、そんな不思議END。

<印象>
  • 娘のプレゼンがコンサルっぽい。
  • 都会と田舎、仕事と家族、父と娘。そんな対比。
  • 採掘場に乗り込んだときのルーマニア語、字幕なしでこわかった。
  • 秘書、マジメでかわいい。眼が大きい。