Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

50ヵ国語習得法

著者:新名美次
評価:B

【概要】
医者の傍ら、英語を入り口に外国語習得に努めてきた著者が、その要諦を語る。わかっていたことだが答えは簡単。暗唱できるまで教材の内容を繰り返し覚え、実践すること。学問に王道なし。

【詳細】
私は語学をマスターする時も、何をする時も、自分の可能性を信じて前向きに生きてきた。小さな失敗もいくつかしたが、自分なりの人生を切り開いてきた。外国語をたくさん話せるようになりたいと決意して、天才でもない私が、50数ヶ国語もできるようになったのは、忠実に努力してきた結果に他ならない。

医者の傍ら、英語を入り口に外国語習得に努めてきた著者が、その要諦を語る。わかっていたことだが答えは簡単。暗唱できるまで教材の内容を繰り返し覚え、実践すること。学問に王道なし。

「知能、年齢、記憶力よりも、<どうしても学びたい>という強い情熱と、繰りかえしあきずに続ける粘りこそが大切です」
の言葉にみられるように、シュリーマン的情熱と学習法、そしてGRITが何より重要。

<予習>
まず新しく習う文章を声に出して読み、分からない単語の意味を調べて文章を理解する。
<復習>
習った文章を何度も声に出して、とちらなくなるまで読み、テキストを閉じて完全に暗唱できるまで、何度も声に出して繰り返す。 

という定番ながらもなかなか続かない学習法を基本に、学習を続けるコツや語学学習の効能(言語の限界が認識の限界)についていろいろとアドバイス。欧州言語の発展史も少し 学べる。

<コツ>
  • 毎日1時間、少なくとも30分を語学学習に充てる。
  • アメリカ(英語を使うシーン)にいると思って練習する。
  • 日頃から自分の言いたいことの論旨をまとめる練習をする。
  • 独りになって、照れないで、本気になって練習する。
  • 自分の精神状態をコントロールし(おだてる)、とにかくやめずに続ける。

おまけに50ヶ国語分の挨拶と数詞、ひとことも紹介。
  • チェコ語:Yes/NoがAno/Ne.(あのね)でちょっとかわいい
  • スロベニア語:Yes/NoがDa/Ne.(だね)でちょっとかわいい
  • スラブ系のやつら全般:シロート目には違いが分からない。差分CGにしか見えない。

【おまけ】
いちおう私も語学学習者のはしくれである。
基本的には英語だが、たま~に中国語も勉強する。
ニーナも言っているように、語学は五感を使って学習するのが大事である。
というわけで私は、
起床⇒20min音読⇒わからない単語をOxford英英辞典で引く
という黄金ルーチンを構築している。 

今読んでいるのはこれ
音読時の注意点としては、
①「ぽく」読むこと。これ参考。
②アクセントの位置や強調する単語を重視しつつ、交互に母音に強弱をつけて読むこと。
Ex.)
Look at the picture marked number one in your textbook.
Make America great again.
I was born to love you.
(赤を強く読んでね! 間違ってたらごめんね!) 
 
あとは、あれだな。スピーチ覚えるとかだな。
Ex.)