Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

挿れませう

明治遊里譚 挿れませう(双葉文庫)

【概要】
著者(監督):如月あづさ

10P目くらいから下ネタフルスロットル。いろんなものをいろんな穴に挿入していく。アブノーマルなプレイが多め。

時代は明治半ば、遣り手のおばさん視点でいろんなファックを覗き見させられる。外国人とのハ〇撮り、多人数肛華責めなど「なんでもあり」。

自分もあんまりお尻が強靭でないので、肛華ネタは読んでいて辛かった。痛くなった。

本書を反面教師に、いつか自分も超絶純真な官能小説を書いてみたいと思った。


【詳細】

定型的で手垢のついた官能小説的表現はもはやギャグ。

例)「あ、あこや貝の中から、絹千代の真珠が、顔を覗かせているよ」