Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

時計の科学

時計の科学 人と時間の5000年の歴史 (ブルーバックス)

著者(監督):織田一朗

【概要】

日時計からクオーツ時計まで、時計・時間の歩みを概観する。エネルギー変換装置である時計の精度向上・構造の変化を見ていると、その時代時代における科学技術の最先端を詰め込まれていたのが時計だったのだと感ずる(それこそ時針のごとき尖端を)。

 

【詳細】

時刻は天体運動、時間は物理科学に分離し、その後の人類は、自然の時間に基づく「時刻」と、人工の時間で決まる「時間」との隙間をいかに埋めるかに知恵を絞ってきました。

日時計に始まりからくり時計、セイコーの精巧な時計、Gショックを経て原子時計まで。

線香時計や砂時計にまつわる小ネタ、時針が360°右回りに動く理由やストップウォッチに関するコラムも面白い。