Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

2016-09-28から1日間の記事一覧

四月は君の嘘

四月は君の嘘 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] [Blu-ray] 監督:イシグロキョウヘイ評価:A【評】<総括> 物語の筋は定番ではあるが、心象風景の表現や交わされる言葉の深み・重みなど、それを補って余りある魅力がある。 少年少女の恋愛譚でもあり、公生の…

四月は君の嘘 Prelude

B

公式ガイドブック 四月は君の嘘 Prelude (KCデラックス 月刊少年マガジン) [コミック]著者:新川直司評価:B【評】クラシックや楽器、音楽家解説もいいんだけど、やっぱりマンガの雰囲気を知りたかったので、名言集やキャラ紹介にもっとページを割いてほしか…

世界一子どもを育てやすい国にしよう

世界一子どもを育てやすい国にしよう [単行本(ソフトカバー)]著者:出口治明 駒崎弘樹評価:B【評】わりと若い人とオジイサンが日本の未来を語り合う。出口史観や、現在の日本をとりまくさまざまなデータを参照しながら「未来への投資」に目覚めよと要請。…

芙蓉の人

芙蓉の人 (文春文庫) [文庫]著者:新田次郎評価:B【評】頂上は氷の世界になっていた。青い空の下での氷のきらめきはまぶしいというよりも、荘厳であった。彼女は千万の宝石の中に立っているような気がした。今彼女は、到が十月一日以来、次第にその重さを増…

マンガはじめて読むギリシア神話

B

はじめて読む マンガ ギリシア神話 [単行本(ソフトカバー)]監修:豊田和二 宮崎徳也評価:B【評】絵がとってもいいです。神々が奔放で嫉妬深くてキャラが立ってる、多神教はいいですね。

三軒茶屋星座館1 冬のオリオン

三軒茶屋星座館 1 冬のオリオン (講談社文庫) [文庫]著者:柴崎竜人評価:B【評】「オーケイ。気持ち良く、僕にしゃべっちゃいなよ」星座にまつわる神話にまつわるストーリィにまつわる。だんだん登場人物が増えていき、にぎやかになっていくのがいいね!ザ…

ブラックホール・膨張宇宙・重力波

B

ブラックホール・膨張宇宙・重力波 一般相対性理論の100年と展開 (光文社新書) [新書]著者:真貝寿明評価:B【評】特殊相対論を発表するまでのアインシュタイン、特殊・一般相対論の概説、そしてブラックホール、宇宙論、重力波研究の100年を振り返る。後半3…

ケルトの神話

B

ケルトの神話―女神と英雄と妖精と (ちくま文庫) [文庫]著者:井村君江評価:B【評】ケルトの人たちは目に見えぬ世界(常若の国)や、目に見えぬ種族(ダーナ神族)の存在を信じ、そこと自在に行き来しているのです。この世と直結し、隣接しているもう一つの…

下り坂をそろそろと下る

下り坂をそろそろと下る (講談社現代新書) [新書]著者:平田オリザ評価:B+【評】まことに小さな国が、衰退期をむかえようとしている。司馬好きオリザが「坂の上の雲」「この国のかたち」などをパロりながら、日本・日本人のいま、そしてあるべき未来を提示…