Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

いちご同盟

著者:三田誠
評価:B

【評】
某音楽アニメに触発されて読む。
自殺に並々ならぬ興味を持つ、世界を少し斜に構えて見ていた14歳が
「百まで生きて、その間、直美のことを、ずうっと憶えていよう」
と、いのちのはかなさと輝きを知る物語。

ビデオカメラの使い方を知らない、家に固定電話しかない、そして
「模擬テストの成績に同封されている資料には、いろんな高校の名前がメニューみたいに並んでいる。自分の偏差値が低いと、選べる学校の数も限られる。でも、メニューに載っていない生き方だってあるんじゃないか。僕はそう思ったんだ」
と偏差値教育に疑問を呈するあたり、非常に80's~90感がある。
また、直美のはだけた胸を見て、
「この白い、つぼみのような乳房と、この表情を、いつまでも憶えていよう」と思うあたり、
非常にジュヴナイル小説感がある。

さて、本作と某作品であるが、
まず人物は、
  • 公生→良一
  • 渡→徹也
  • かをり→直美
と対応しており、
  • 良一がピアノ弾く
  • 徹也は野球少年
  • 直美と徹也が幼馴染
  • 全員中3
と、どっかで見たような設定が並ぶ(いろいろと組み換えられてはいるが)。
他にも、
  • 直美「あたしにはいろんな可能性があった。あたし、クラスでは成績よかったし、バレエ習ってたし、新体操も少しやりかけてたし、高校になったら、少女小説を書くつもりだったし……。いろーんな夢があった」
  • 弟「おれはスターにはなれない」
  • 徹也「おれの顔を見ろ」
  • 「母は何よりもテンポの正確さを要求する。機械みたいな無表情な演奏がお気に入りだ」
  • 「怒ったり、笑ったり、直美の表情は動きが激しかった。そして、どの顔も、いきいきと輝いていた」
  • 「お前は、いじけてるぜ」
  • さいごの直美父との会話
もすんごく既視感がある。

「あなたって、ほんとに変な人」
「病院にお見舞いにきたのに、ずうっと黙り込んでいるんですもの」
「あたしと、心中しない?」
の三連コンボは言うに及ばず。

某作品著者がこの本を大好きであることはよくわかった。