サム・ジーヴァ帝国図書館(Javaさんのお部屋)

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

「繊細さん」の本

「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる  「繊細さん」の本

【概要】
著者(監督):武田友紀

「繊細でストレスを感じやすい人(HSP:Highly Sensitive Person)が、繊細な感性を大切にしたまま、ラクに生きる方法」を伝授する。

「相手の気持ちを考えすぎて、自分の意見が言えない」「考えすぎてしまって、なかなか動けない」「人に頼るのが苦手」などの悩みを持っている人は読んでみては。

美点は保持しつつ、訓練で社会適合性を上げたいもの。


【詳細】
<目次>

  • 第1章 繊細さんがラクになれる基本
  • 第2章 毎日のストレスを防ぐカンタンなワザ
  • 第3章 人間関係をラクにする技術
  • 第4章 肩の力を抜いてのびのび働く技術 マルチタスクを乗り切るシンプル習慣
  • 第5章 繊細さんが自分を活かす技術 私が自分の「繊細さ」と仲良くなるまで


<メモ>

●繊細さんの悩み別対策

〇「相手の気持ちを考えすぎて、自分の意見が言えない」

⇒「こんなにわがままでいいのかな」と思うくらい積極的に自分を優先していく

⇒自分の本音をキャッチし、自分の本音を大切にすることでたくましくなれる

 

〇「考えすぎてしまって、なかなか動けません」

⇒ムダにシミュレーションしがちなので「とりあえず」を生活に取り入れる

⇒「ベストはさておき、とりあえず!」(遅巧よりも拙速、意外となんとかなる)

 

〇葛藤疲れしがち

自分ルールを決める(10min経ってわからなければ人に聞くなど)

 

〇内外世界への感度が高い

⇒痛みと心地よさを同時に感じる場合、危険を避けるために痛みの方に意識が向く

⇒心の感度は変えられないので、手持ちの情報のうち不要なものを受け流してみる

 

〇ハイコンテクストなコミュニケーションになりがち

⇒相手の気持ちの「答え合わせ」をしてみる(相手⇒自分)

 面倒でも言葉で伝える(自分⇒相手)

 

〇「人に頼るのが苦手です」

⇒お店などで人に頼る練習をしてみる

 「ちょっとしたことを、軽く頼む」練習

 

〇心の深さには個人差がある

⇒繊細さん仲間を見つける