Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

蕪村俳句集


著者(監督):与謝蕪村 校注:尾形仂

【概要】
芭蕉や一茶に較べると派手さはないが、生活感がある。

【詳細】
句集は出さぬと言っていたが、生前ひそかに選んでいた俳句の数々。
ありのすさびに詠んだ句には、派手さはないが、生活感がある。

<春>
日の光今朝や鰯のかしらより
二もとの梅に遅速を愛すかな
うめ散や螺鈿こぼるゝ卓の上
畑うつやうごかぬ雲もなくなりぬ
春の海終日のたり〱哉
出代や春さめ〲と古葛籠
銭買て入るやよしのゝ山ざくら
花ちりて木間の寺と成にけり
菜の花や月は東に日は西に

あちら向に寐た人ゆかし春の暮

<夏>
みじか夜や毛むしの上に露の玉
蚊屋の内にほたる放してアゝ楽や
長旅や駕なき村の麦ぼこり
蠅いとふ身を古郷に昼寝かな
二人してむすべば濁る清水哉
手すさびの団画かん草の汁
ところて逆しまに銀河三千尺

<秋>
秋来ぬと合点させたる嚔かな
梶の葉を朗詠集のしほり
身にしむや亡妻の櫛を閨に踏
去年より又さびしひぞ秋の暮

迷い子を呼ばうちやむきぬた哉
折レつくす秋に彳むかゞしかな
さびしさのうれしくも有秋の暮
修行者の径にめづる桔梗かな
笠とれて面目もなきかゞしかな
秋風にちるや卒塔婆の鉋屑
洟たれて独碁をうつ夜寒かな

<冬>
いばりせしふとんほしたり須磨の里
たんぽゝのわすれ花あり路の霜
炭売りに鏡見せたる女かな
裾に置て心に遠き火桶かな
腰ぬけの妻うつくしき巨燵かな
みどり子の頭巾眉深きいとをしみ
皿を踏鼠の音のさむさ哉

初しもや煩ふ鶴を遠く見る
孝行な子どもにふとん一ツづゝ
鍋敷に山家集有り冬ごもり
逢ぬ恋おもひ切ル夜やふくと汁

古人・古典リスペクトがすごい。
例)
万葉集源氏物語平家物語徒然草和漢朗詠集西行芭蕉漢籍荘子)、漢詩杜甫李白、白楽天)など。