Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

リトル・ブッダ


著者(監督):ベルナルド・ベルトルッチ

【概要】
現代に蘇る釈尊伝。
現代との結びつけが弱いかな。

【詳細】
<あらすじ>
ヤギの説話から物語は始まる。
チベットブータン、ネパール(インド1958侵攻)...。
から一転アメリカ・シアトル。
転生だのなんだのと、いきなり訳の分からん話を聞かされる両親。

現代と並行で進む釈尊伝。
木がお辞儀したり、大蛇が傘になったり、歩くたびに花が開いたり、インド情景とのマッチングがいい。

青白いシアトルに戻る。
どーやって子供引きはがす? (or 引きはがさない)のだろうか?

また古代。イケメン王子キアヌ、生老病死を知る。 
疥癬、水牛の眼、流れに抗う茶碗。
"To learn is to change in the middle way"

釈迦と同じ道をなぞる候補者三名。
菩提樹では、3人の候補者の前に2500年前の光景が。
苦行、誘惑、悟り。魔王の軍勢、花吹雪。そんな映像美が魅力。

ラストは…どんなだっけ?

<印象>

  • 父親旅立ちの理由が弱い。
  • 黒髪の中でパツキンが目立つ。
  • 当然英語。
  • ゲームボーイ、車載電話などが懐かしい。
  • 最後の帽子選び(だまされた)の演出テクニックは面白かった。