Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

タイム

監督:アンドリュー・ニコル
評価:B+

【概要】

【詳細】
原題:IN TIME.
Time is now the current.
というわけで、時間が通貨になってしまったディストピア。文字通り時間(命)を削って生きる世界。
満25歳時に余命1年を与えられ、ちゃんと適宜チャージしないと持ち時間切れて死ぬ。
なんと寿命は容易に授受可能で文字通り時間泥棒も登場するわけね。発想の勝利。
当然ながら、1%のお金もとい時間持ちが世界の時間の大半を支配している。そんな歪んだ世界をアウトサイダーが転覆させるタイプのSF。マトリックスっぽいやつね。
上記のような設定なので、リミットが何回も来る。そのたびにハラハラさせられる。

文字通りその日暮らしだった主人公が、Don't waste the time.って言われて100年余りを突然手にするわけ。そんで違うエリア行くわけ。で、そこで永遠の倦怠に飽いたヒロインにBoy meets Girlするわけ。スラム生まれの肝っ玉と戦闘能力で令嬢誘拐、銀行強盗、銃撃戦を繰り広げ、99%の手に時間を取り戻す戦いを開始するわけ。ふたりは互いに惹かれあっていき…やがて世界に反旗を翻すわけ。
No one should be immortal if even one person has to die.
てなわけで100万年分配作戦を決行するわけ。

この映画、めっちゃ走る。ヒロインもすぐ走るのに慣れる。
ひたすら時間と未来に向かって全力疾走。「最近、走ってないな」。
オカンのときは間に合わなかったけど、2回目は間に合ってよかった。

ポーカーやタイムレスリングは迫力があった。あと3度にわたる寸止めイチャイチャシーンにはハラハラさせられた。
主人公の能力値の高さやヒロインの順応性の高さ、敵が弱いのがいかんせん気になるがまあ気にしない。

<その他>
友人の10年分回収…できず、のシーンが悲しかった。
金持さんの母妻娘と主人公のオカンがみんな外見25歳設定なので若い。