Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

映画 クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望

映画 クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望  [DVD]
映画 クレヨンしんちゃん 雲黒斎の野望  [DVD] [DVD]
監督:本郷みつる
評価:B+

【評】
おそらく最初に観たクレしん映画。第3作。1995年公開。

舞台は1570年の春日部。
登場人物のしゃべり方はクレしんながらちゃんと時代劇している。
「八幡!」「合力」「面妖」などの古風な言葉はもはやクレしんで聞くことはあるまい。
猫ノ進の「酒と女の香には飽いた」は、何のアニメかと思ったよ。

同じく戦国時代モノの『アッパレ』とはまた違った趣があってよい。
あちらを秀才ととするとこちらは鬼才か。

ゲジ眉雪丸の無双チャンバラアクションと温泉シーンは必見であると断ずる。
特に猫ノ進との一戦は肉体の慣性を感じられてよい。
愛馬エンジ號のおなかのうごき、ロデオの動きも捨てがたい。

そんなこんなで歴史改変を阻止した後の吹雪丸と母の会話に涙。
してたらなんだか元の世界もおかしいゾ。
ピンク黄緑の黒子忍者に不気味さを、ラスボスと二度戦う構成にすさまじいお得感を感じよ。

雪丸の性別に振り回されながらヤキモチを焼きあう野原夫婦、
ケツ顔マン、大人しんちゃんの動き、
「ウンチおパンツローリングサンダー「なんていうご都合主義なんだ…」には笑わせてもらった。

そんなわけであんまり万人向けではないかもしれないが、クレしん映画で一番好き。