Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

この世界の片隅に

監督:片渕須直
評価:A

【評】
同名原作を不屈の闘志で劇場アニメ化。いわく言いがたい感慨を懐かせる変なアニメ。
1話完結型の原作がスムーズにつながるように編集・補完されている。
遅効性なので良さがわかるには少し時間がかかるかも。
原作にない部分の例としては、リンの生い立ち(出資者ロール)や、失くした右手がすずの頭を撫でるシーンなど。

昭和10~21年の広島、呉でのすずたちの暮らしを描く。
学校へ行った日、戦争が始まった日、嫁に行った日、空襲があった日、人が死んだ日。
どんな日も人は生きてゆかねばならない。

水汲み、炊事、裁縫、掃除、配給、隣組
そんな日常をユーモアで包みながら人々は生きていた。
なにげない仕草が流れるように自然であり、
能年玲奈改めのんのぼーっとした声や、その他登場人物の広島弁も手伝って、
(おかあちゃん、こまい、大儀い、安気など、私は尾道弁を思い出した) 
アニメーションであることを忘れ、あたかもその時代に生きているかのような錯覚を起させる。

嬉しいことも悲しいこともすべて一緒くたに流れていく。
非日常が日常となり、慣れていく。記憶の一隅に座を占める。
後で振り返ったとき、その総体を人生と呼ぶのだろう。

高角砲や戦闘機の爆音にも揺らぐことはなかった、
「景色も人も優しうかすんで見えた」世界。
そんな世界もひとたび蓋が開くと残酷な一面を覗かせることを、
晴美の死と敗戦が教えてくれた。
そんなわけで、すずの
「うちも知らんまま死にたかったなあ……」の意味がマイルドになっている(マンガ比)。
 
戦争が終わっても暮らしは終わらない。
日常の至近に潜む死と暴力の恐ろしさを知った人々は、
日々の暮らしや周りの人々を、よりいっそう慈しみながら生きてゆこうと誓ったことだろう。

ありがと この世界の片隅に うちを見つけてくれて 片隅「で」じゃなくて「に」、
というのが主体的、限定的(at)なすずの決意を表しているように見受けられるね。
「今日までそして明日からも」こうして生きてゆくだろう。


<ええ感じのシーン抜粋>
  • すず夫妻の接吻シーン×2
  • 義姉・径子の「何ね そのツギだらけの~」⇒「あんたの居場所は~」⇒「晴美ぃ…」に至る慟哭シーン(いちばんクる)
  • すずの眼を閉じ首をかしげる「ありゃ」(困った表情のその裏にある思いは…?)
  • 絵画に紛れ込む水原さん「波間を跳ぶウサギ」
  • 初空襲時の絵画的表現「いまここに絵の具があれば…」
  • 時限爆弾爆発後~覚醒までのフシギ描写
  • 「~とき、~した右手」の右手ラッシュ

<ありがとう、うちを見つけてくれて>
この世界の片隅に」公式ファンブック。
寄稿マンガと寄稿文を聚めた「このせか」本。作り手とファンの愛情に満ち満ちており、世界も捨てたもんじゃないと思える。「世界の片隅」を媒介に見出した各々の「世界の片隅」は、接続されて「世界」になる。