Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

戦争と読書

著者:水木しげる 荒俣 宏
評価:B

【評】
読書は吾を救ふてくれた。
世に文字なかりせば吾は今頃如何なるものとなつていたか。
思へば読書は恩人である。教師である。吾に於ては、正に唯一の教師であつた。否、人生の教師でありつゝある。

水木しげるの出征前手記から話を膨らませ、
当時のインテリ青年読書事情にも触れる。

さながら、書物を読むことで時局を乗り越え、人としての完成が望めるかのように、彼らは本を信仰していました。これがとても印象的だったのです。

河合栄治郎『学生と読書』などを紹介しながら、近代教養主義の黄金期を垣間見る。