Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

新版 論文の教室

著者:戸田山和久
評価:B

【評】
レポート・卒論向けの「論文の書き方」本。
「無数の類書の中で、この本だけが私によって書かれたということ」がウリ。
対話篇のような作りになっている。作文へタ男君とともに論文のデキを向上させよう。

最後まで読み通すために、知的なボケ(蓮實重彦ウィトゲンシュタイン)や練習問題を通じ、
「できるかぎり読みものとしても楽しい本になるように心がけた」とのこと。

こういうの読むたびにいかに不勉強だったのか思い知らされるな。

悔しいけど教えちゃおう。
本書の基本的な主張は、
①論文はアウトラインを膨らませて書くものだということ、
②論文の命は論証にあるということだ。 

要約は文章を一様に短くすることとは違うということだ。むしろ、文章を「問い+答え+論拠」の形に再構成すると言った方がいいな。

読みづらいということは、難しい言葉で書かれているということではない。構造を見通すことができないということなのだ。

トピック・センテンスはパラグラフの先頭に置くのがパラグラフ・ライティングの基本である。