Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

遊戯王 THE DARKSIDE OF DIMENSIONS


監督:桑原智
評価:B+

【評】
満を持して描かれた原作のその後。
遊戯や海馬、城之内(アゴあり)、本田、杏子(イメチェン済)、獏良たち、そして刈田、御伽パパ、獏良パパ(初)に会える。

印象的なKCマークから幕を開ける本作。
量子ネットワーク、宇宙エレベータ、バーチャルリアリティなどのナウい設定が光る童実野町。
この街は、カードに、海馬に支配されていた…というぶっ飛んだ設定に、
「ムオンスタァではないッ!クァミダァ!!! 」と、若干眼がイってるビウムな海馬。
ブルゥアイズも、オルタナ、ネオ究極、カオスMAX(儀式)とどんどん進化形が登場。
オベリスク発掘や、カオスMAX・深愛白龍のお披露目、魔導契約の扉→破滅竜ガンドラX→高速詠唱→ファイナル・ギアスの流れ、マハード参上など劇場版ヒャッホオオオイな演出が良い。
そんなわけで決闘者の血の滾りを抑えきれなくなり3年ぶりに遊戯王OCGを再開した次第。

でも全体的にデュエルが大味。
「次元領域決闘」のため効果ダメージが主になったためか。
方界カード、ぐるぐる回ってたけど結局どういうコンセプトのテーマなのかわかりにくかった。デザインもカッコ良くないし。
光のピラミッドや超融合もそうだったように、やはり敵キャラはパワー勝負に限る。
たとえば最後のマハード召喚シーン、効果説明がないから王様ルールでゴリ押したように見えた。
王様がしゃべれないのなら、藍神君が説明してあげるべきじゃなかったろうか。

そして何より中盤がダレる。これはいただけない。テンポが悪い。
集合意識や記憶などの心理学チックなキーワードに対し、和希も(そして観客も)消化しきれていない印象を受けてしまった。
そのせいか藍神君のキャラが弱い(あと闇堕ち形がダサい)。

まあ王様が無言だったのは正解だったね。
出てきたときからしゃべらせないんだろーなーとは思っていたけど。ぶりぶりざえもんみたいに。

あとは…
海馬の「それはどうかな」や、ラストの天元突破。
社長どんだけアテム好きなんだ😊

よく見ると、スタッフロールがミレニアム。
マハードのためにもう一回見てもいいかも。→見た