サム・ジーヴァ帝国図書館(Javaさんのお部屋)

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

細雪

監督:市川昆
評価:B+

【粗評】
1983年公開。映画化三回目。松子夫人校訂。
120点、総額1.5億円の着物の艶やかさが目を引く。

基本的には原作準拠で進行。イベントを取捨選択し、並び替え、
物語を四季一巡に収めた。もちろん桜、入道雲、紅葉、細雪もちゃっかり出演しているぞ。
配役は特に問題なし。雪子(吉永小百合)もいいけど、幸子やお春どんもいいね。

おしろい、つめきり、おふろシーンなどが谷崎風。泉下のジュンジュンは本作を喜んでくれただろうか。
無音、暗室、キウイぐしゃ、キモノ開陳シーンは昆風。

ただ、貞之助の性格の改悪(スケベ化)が気になる。