Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

ブラフマンの埋葬

ブラフマンの埋葬 (講談社文庫)

【概要】
著者(監督):小川洋子

チョコレート色の瞳は静けさで満たされ、僕には見えないどこか遠くを見つめている。愛らしすぎて、悲しくなる。

<創作者の家>に関わる人々や謎の小動物ブラフマンとの交流を描く。

どこか悲しげで幻想的な作品世界が小川洋子的。短くて読みやすいが、淡くも特異な印象を残す。


【詳細】
<メモ>

  • ブラフマンの形状が、ネコ+ウォンバットで再生された。
  • 適宜挿入される報告書的ブラフマン描写がアクセントを与える。
  • <創作者の家>や「古代墓地」といった概念が幻想感を加速させる。