Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

敵兵を救助せよ!/駆逐艦「雷」工藤艦長と海の武士道

文庫 敵兵を救助せよ!: 駆逐艦「雷」工藤艦長と海の武士道 (草思社文庫)
【概要】
著者(監督):惠隆之介

江田島の著者が駆逐艦「雷」艦長・工藤俊作中佐を顕彰すべく筆を執った。

「〇これ」でおなじみ、スラバヤ沖海戦での英国海軍将兵救出劇をクライマックスに据えた工藤の評伝。旧海軍に余裕がある時期だったからできたことではあるが、ご立派。この一件で不朽の名を後世に残した。もちろん、工藤の円満な人格と普段の行いがあってこそだが。そして、このことを工藤が死ぬまでナイショにしてたのもカッコいい。良いものは良い、悪いものは悪いと戦前を虚心坦懐に見られるようになるのはいつのことになりますやら。

著者の経歴からすると筆が暴れそうだが、なんとか抑制した感じ。

明治後期以降の日本をとりまく情勢も大まかに理解できる。


【詳細】
工事中。
<目次>
<あらすじ>
<メモ>