Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

レディ・プレイヤー1/READY PLAYER ONE

レディ・プレイヤー1(ソング・アルバム)

【概要】
著者(監督):S.スピルバーグ

VR技術・時空間が著しく発展した2045年の近未来、OASISの覇権を賭けた戦いが今、始まる―――。SAOみたいな感じ。サイバーパンクディストピアや、nerd少年少女の活躍など、ストーリー自体はやや凡庸でスピルバーグ的だが、映像に夢と希望が詰まっていてよろしい(特に最初のハチャメチャレース)。そして何よりレシーブし尽くせないくらいのサブカルチャーネタ(洋画、洋楽、マンガ、アニメ、ゲーム)!

とりあえず、俺はガンダムで行く!


【詳細】
<あらすぎるあらすじ>

VR技術が発達してはいるが、いろいろ諦めてしまった人類。

創始者がVRゲーム内にワンピース的に残した財宝を探すミッションが5年前から継続中。3つの鍵を手に入れろ!定番。

まずはハチャメチャレーシング。これがすごい迫力なんだ。

主人公はアーカイブされた資料からヒントを得、逆走して裏ルートを走破。

ゲーマー集団に目をつけられつつも第二の鍵をゲット。

遂にリアルで襲撃を受ける。女の子が捕まるがハッキングして女の子を救出、決起演説して最終戦争へ!

第三の鍵をゲットした後は創始者とのタイマン。

英雄と化した5人はゆるめに統治。

 

<印象>

  • リアルワールドではピザめな主人公がリアル。でも女の子はカワイイ。
  • ゲーム脳でやりたい放題やっている。酔いそうなくらいの摩訶不思議レーシングが個人的には白眉。
  • 題材は新しめだが中身は古典的で王道。Realty is real.という結論には、やっぱりスピルバーグのメッセージを感じる。
  • 燃える展開もあり(レーシング、最終決戦だョ!全員集合!、アイアンジャイアント起動⇒オレが橋になる!⇒親指を立てながら溶鉱炉
  • 悪の親玉のパスワード管理が甘いのはご愛嬌。娯楽映画らしい。
  • 強制労働センターなどの闇や意外とボロい機器などが登場するサイバーパンクディストピア
  • VR世界の描写や、あえてCGっぽさを残しているアバタ―が良い。
  • ニンジャとサムライが2/5を占めていることから、監督の日本好きを窺わせる。
  • 波動拳、残機+1、VHSのシャイニングなど、ゲーム脳、80's脳の総動員を要求される。

We're not Gonna Take It、Staying Aliveなどの洋楽キングコング、シャイニング、ターミネーター、スリラー、BTFメカゴジラストリートファイタールービックキューブマリオカートAKIRAミュータントタートルズ、そしてガンダム