Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

きっと、うまくいく/3 Idiots

きっと、うまくいく [Blu-ray]

著者(監督):ラージクマール・ヒラーニ

【概要】

好対照な三バカ工学徒の波乱に富んだ寮生活と10年後の邂逅を描く。基本的にはコメディなので楽しく見られる。ロードムービー感、恋愛やミステリー要素はもちろんのこと、受験競争や貧困・自殺といった結構重たいテーマも扱うあたりインドの沃野の度量の広さを感じる。もちろんボリウッド伝統芸能のミュージカルもといダンスも入る。

 

【詳細】
<あらすぎるあらすじ>

チャトゥル君の招きに応じ、10年後に再集合した男たち。エンジニアになるべくICEに入学した頃を思い出し、ランチョーを偲ぶ。

頭の固い教授と衝突したり、イタズラしたり、ダンスパートを経て学長の娘の女子医学生と出逢ったりしたっけ。

ここで現在に戻り、ランチョーの家に向かうも違う人でした。

~Interval~(イマドキ珍しい!)

三人の成績や実家の生活ぶりを映しつつ、いくたびも三バカの退学騒ぎが持ち上がる。それでも彼らは動物写真家に弟子入りしたり、就活したりする。ランチョーは…。

停電中にエンジパワーで分娩を試みる。車のバッテリをインバータにつなぎ掃除機へ。

 ふたたび現在に戻りインド奥地へ。

モーターバイクエンジンの振動フィーダ、チャリ回転の発電で毛刈りするなどランチョー学園の姿があった。小学校の先生だけでなく実は著名な科学者でもあったランチョー。チャトゥル君をやりこめて大団円。

科学は好奇心から。成績のための学問はするな。なんとかなる。死ぬな。人生を楽しめ。アール・イズ・ウェル。

 

<印象>

  • パッケージのオシリ椅子が良い。
  • ノーヘル三人乗りは基本。
  • ヒンディー語と英語が飛びかう。英語しか喋れない人も。
  • tech系のネタ(電撃、ドローン、吸引器)がtech学徒には興味深いのでは?