Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

さよならの朝に約束の花をかざろう

さよならの朝に約束の花をかざろう 公式設定資料集

著者(監督):岡田磨里

【概要】

P.A.Worksオリジナル。織物っぽいものを日々織るエルフっぽい別れの民・イオルフというファンタジー要素が入る。人間とエルフ、人間と動物などに見られる加齢速度の非対称性をテコに、日々の生活や子育て、親子の向き合い方など、普遍的なテーマをファンタジーに仮託して描く。出産と戦闘がシンクロするシーンやレイリアさんや息子嫁との対比が面白い(聖と俗、母子関係など)。でも、終盤は言葉控えめに、もっと余韻を残すスタイルの方が好きかな。

どうでもいいんだけど、尿意がすごすぎて放映終了後60秒くらい出た。

 

【詳細】
<あらすぎるあらすじ

P.A.Works。ヒビオルを日々織っていたところ、侵略に巻き込まれ外界へ。

愛してはいけないと言われていたのに人間の赤子を拾い、農村にいったん落ち着いたあと、街へ船出。

 

仲間の奪還作戦を祝祭の日に計画する。が、失敗。赤子を連れていたことから、別れの民からも別れを告げられる。

「ずーっとこのまま大きくならなければいいのにな」の思いもむなしく子供は成長する。気付けば外見的には姉弟に。

反抗期の息子とも別れ、潜伏。いろいろあって古の力に滅ぶ王国で、息子は外敵と戦い、主人公はその妻の出産に立ち会っていた。

飛べる⇒飛べない⇒飛べる、で伏線を回収しつつレイリアさんを連れ、銀の龍の背に乗って王国を脱出。

いつもラストを予感させていたが、もちろん最後は先立つ不幸をお許しくださいEND.

 

<印象>

  • 異種族の交流を描く。たいがいこういった作品は双方の寿命に大きな差があるよね。
  • 布での会話は新しい。
  • 主人公の髪の色が変わったカラクリが気になる。
  • 主人公の高めの声にやがて慣れる。
  • レイリアさんとの対比が興味深い。子供産むが監禁されているあたり。
  • 女性四人くらいが出てきて、ちがった母親像を見せてくれる(農家のオカン、主人公、レイリアさん、息子の妻)。
  • 出産と戦闘が同時進行するのがクライマックスか。
  • 死後硬直に対抗して赤子をもぎ取るシーンがそこそこリアル。
  • もっと余韻があるラストの方がいいかも。