Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

ベニスに死す

ベニスに死す [DVD]

著者(監督):ルキノ・ヴィスコンティ

【概要】

窮極の雰囲気映画。映画界印象派の最右翼。

性狷介なオッさん、最期に美しい夢を抱いて死ねてよかったじゃないか。

美少年という言葉はタージオ君のためにとっておけ。美少女ではない。

 

【詳細】
<あらすぎるあらすじ>
トマス・マン原作。

1911年夏。気難しそうで人嫌いっぽいオッさんが保養地ベニスに。

新聞を読んでいてもついつい見ちゃう他の客。4姉妹のうち、男装のセーラー服の子が気になる。

見る。朝夕見る。花瓶ずらして食事中も見る。

水着を纏い海辺で遊ぶ彼女の声は男のものだった。男かよ!

タージオ君のチラ見生活を続けるも、疫病流行の噂が。

疫病をおそれ帰ろうとするも 荷物の発送ミスで戻る羽目に。嫌な顔しつつも絶対うれしいでしょ。

 

ときおり回想が入る。

美学論争、家族団らん、娘の死、娼館通い。なんだかとても遠くのことに思える。

 

 

疫病、本当に蔓延していた模様。

死期を悟ったオッさん、理髪店でお化粧。

病身を危険な地にとどめてでも見たいもの、それはタージオきゅん。

砂浜でまろび遊ぶ彼を見ながら、陽光の中で椅子に身を横たえながら、オッさん無事死亡。でも、これは彼が久方ぶりに手にした幸せなのかも。

 

<印象>

  • ほっそり中性的美少年のタージオ君を眺める映画。若さの煌めきを、美しさを称える映画。 
  • OPの薄青い冒頭、良い。
  • 美少年をチラ見(ガン見)する怪しいオッさんの観察者的視点を、観客も共有できる。
  • 二人の奇妙な関係が変態的で良い。ときおり視線がぶつかるも会話しないのがまたね。