Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

勝手にふるえてろ

映画チラシ 勝手にふるえてろ 松岡茉優

著者(監督):大九明子

【概要】

ただの「暴走ラブコメディ」ではない。

果てない妄想をして、相手に期待しすぎて、他人の感情や行動を素直に受け取れない。勝手にふるえて、勝手に傷ついて、歪んで、こじらせて…「勝手にふるえて」るのは彼女だけじゃない。人ごとじゃない。

現代人がこじらせがちな「勝手にふるえてろ」症候群を克服したとき、人は大人になるのかもしれない。対人関係構築が得意な人も苦手な人も観てみては。

 

【詳細】
<あらすぎるあらすじ

絶滅動物やゲーム音楽が好きな「コミュ障」気味女子・ヨシカ。

基本的には人見知りだがしゃべり出すと止まらない。彼女のセリフもとい独白を場面転換しながら繋いでいく。

何度も脳内召喚していた「イチ」に突如対抗馬が出現。

経理と営業の飲み会で「ニ」に告られる。

気乗りしないがナイトクラブや川釣りには付き合ってあげる。

そんな中、ニを振り切るようにタワマンでイチと二人っきりのチャンス。

いまいち雰囲気にノレていないように見えた彼は、まさかの絶滅生物好きの同類。

おっ!と運命の螺旋が廻りはじめたかと思いきや、「名前なんだっけ?」との無情な一撃。

世界は崩落をはじめる。

♪「絶滅すべきでしょうか」スタート。

実は今までの釣り人、カフェメイド、コンビニ店員、バスで隣のおばさん、駅員との会話はエア会話であったことが判明。

現実と妄想のはざま、心の亀裂から暗黒感情が噴出。

目がすわった勢いで会社辞める宣言。引きこもる。

イチの何気ない言動も、親友のいたわりの言葉も、ニのお節介な感情も、すべてが私を苦しめる。

果てない妄想をして、相手に期待しすぎて、求めすぎて、他人の感情や行動を素直に受け取れない。勝手にふるえて、むき出しでしなだれかかって、勝手に傷ついて、歪んで、こじらせて…「勝手にふるえて」るのは彼女だけじゃない。人ごとじゃない。

現代人がこじらせがちな「勝手にふるえてろ」症候群を克服したとき、人は大人になるのかもしれない。

対人関係構築の一歩を踏み出したヨシカに幸あらんことを。

 

<印象>

・ヨシカが創作された人格であることを忘れ没入できる。

  • 感情の緩急
  • 基本的には人見知りだがしゃべり出すと止まらない
  • 「視野見」能力
  • 「コミュ障」
  • 上ずったり止まらなくなったり、声の具合が不安定 
  • 飲み会苦手感
  • 髪吹いてファッファッファッ

松岡茉優、「あまちゃん」のときより存在感ある。主演だもの。

・公式サイトの文字がふるえすぎていて面白い。