Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

B

私の初めて、キミにあげます。

【概要】著者(監督):西沢5㍉ イラストレータ寄りの画風でちょっとエッチなキャッキャウフフを描く。女の子が攻勢をかけているのが非モテの皆々様の妄想に合致するのでは。01、04あたりが好きかな。 #平成最後に自分の代表作を貼る pic.twitter.com/P4Qu0…

不自然な宇宙

【概要】著者(監督):須藤靖 宇宙観の変遷やインフレーション宇宙論の概説後、マルチバースの諸段階(Lv.1~4)、宇宙原理や人間原理、シュレーディンガーの猫や量子自殺、4つの相互作用の大小関係などさまざまな話題にふれ、思考実験に誘う。素粒子論や宇…

痴呆を生きるということ

B

【概要】著者(監督):小澤勲 タイトルが危なげなことからもわかるように15年くらい前の本。具体的すぎるほどの実例を挙げながら、自分に近しい人が認知能力の衰えにより、奇行や妄想、理不尽を撒き散らすモンスターに変わる恐怖を描く。「その悲惨を突き抜…

ブッダの旅

【概要】著者(監督):丸山勇 誕生~出家を過ごした地、修行~悟りの道程、伝道の旅や最後の旅といった釈尊ゆかりの地を写真とともに探訪する。釈尊の簡易伝記でもあり、原子仏教の簡易解説書でもある(三(四)法印、四聖諦、八正道など)。 エキゾチック…

イエスマン"YES"は人生のパスワード/Yes Man

【概要】著者(監督):ペイトン・リード 離婚と解雇で鬱々とした日々を送っていた男が、怪しすぎるセミナーに参加してから運を引き寄せ、そして見放される。この映画を見た後は、可能性の扉のドアノブを逃さず回してみようという気になるはず。いいね!やっ…

塾歴社会

B

【概要】著者(監督):おおたとしまさ 「「学歴」よりも「塾歴」。この国では塾が受験エリートを育てているのだ」。 サピックスと鉄緑会に関し、システマティックすぎる教育内容やカリキュラムに関し紹介。公文⇒サピックス⇒鉄緑会⇒東大理Ⅲという王道of王道…

西洋美術史

【概要】著者(監督):木村泰司 古代ギリシャから現代アートまで、主要な美術作品や芸術家を紹介しつつその歩みを解説する。「美術を知ることは、その国の歴史や文化、価値観を学ぶこと」「美術は見るものではなく読むもの」とのこと。 その時代と地域を生…

生きづらい明治社会

B

【概要】著者(監督):松沢裕作 このような大きな変化の時代の、そのさなかに自分が生きていたら、とても不安だっただろうということです。 競争社会と自己責任論の明治社会を生きた市井の貧しい人々。彼らが「通俗道徳のわな」に陥っていたことを指摘する…

転職の思考法

【概要】著者(監督):北野唯我 ストーリー形式で転職(というかマーケットバリューを高める働き方)の思考法を授ける。転職エージェントのビジネスモデル、マーケットバリューは業界全体の生産性に左右されること、世の中はbeing型の人がほとんどであると…

はじめての解析学

【概要】著者(監督):原岡喜重 題名通り。4章まではフ~ンだが、コーシー列が出てくる5章あたりで苦しくなる。6章の超関数では「?」が頭に渦巻いた。7章の複素解析、8勝の量子力学に関する記述は大学数学の復習になるかも。 【詳細】 解析学、それは…

古代史講義

【概要】著者(監督):佐藤信ほか 邪馬台国から平安時代まで日本の古代史の大きな流れを概観しつつ、主な論点を整理する。上古の昔の東アジア情勢の緊迫感、皇族と貴族・豪族グループの権力闘争と政権安定化、新都造営のダイナミクス、官僚制の浸透と税制の…

ローマ字日記

【概要】著者(監督):石川啄木 編訳:桑原武夫 わざわざローマ字で書かれた怪しい日記。所帯持ちとは思えないほど金と下半身がゆるいような。孤独と自信、漂泊の思い、何者かへの憧憬など、いろいろな思いがアルファベットで言語化される。 桑原が普通の日…

天の果て地の限り

【概要】著者(監督):大和和紀 大化の改新、白村江の戦、壬申の乱…。飛鳥時代後期を舞台に、額田女王と中大兄皇子・大海人皇子(と藤原鎌足)らの三角関係もとい青春を描く。髪型が宝塚風でオシャレ。「熟田津に」「あかねさす」などの和歌も交えて歴史ロ…

乙女の日本史

B

【概要】著者(監督):堀江宏樹 滝乃みわこ この本では、そういう通説とされがちな「おじさん史観」にツッコミを入れつつ、女性の気持ちによりそって、日本史を見直すことを目的としてます。 アメノウズメ、額田王、孝謙=称徳天皇、清少納言、紫式部、北条…

仏教抹殺

【概要】著者(監督):鵜飼秀徳 「明治維新150年」は同時に、「廃仏毀釈150年」でもある。水戸、薩摩、松本、京都など各地に残る廃仏毀釈の名残をフィールドワークにて調査する。タイトルが過激だが、旧薩摩藩では言い過ぎではないくらい徹底的だったようだ…

転職のまえに

B

【概要】著者(監督):中沢孝夫 いたずらに転職論・仕事論が跋扈する中で一歩立ち止まるヒントを提供する。欧米での中高年層の勤続年数の意外な長さ、エリート層以外はそう簡単に転職しないこと、非正規雇用者の内訳などは意外だった。 現場の仕事の複雑さ…

自転車で100kmをラクに走る

B

【概要】著者(監督):田村浩 非ガチ勢向けのサイクリング本。必要な備品・装備、メンテ項目、心構え、体温調整、推奨ギアやケイデンスなどに関し解説。ロングライドに関しては、体力やトレーニングよりも計画と経験がものを言うようだ。 【詳細】 いつも80…

マンガでわかる 会社の設立・運営

B

【概要】監修:荒川一磨、マンガ:臼土きね マンガパートと解説パートで、法人化のメリット、事業計画、設立手続き、雇用、税務など一通りの流れを説明する。結構ちゃんとしているので、起業する人もしない人も事務方の人もそうでない人も読んでみては。 曰…

やっぱり海が好き

j-crewproject.jp 【概要】著者(監督):やすみ哲夫 金刀比羅宮近くの「海の科学館」にてDVD1,2巻が無料配布されていたので入手。50分程度と思ったよりヴォリュウムがある。一見子供向け感あるアニメだが、結構ちゃんと海運業界や航海士・機関士の仕事をPR…

せどり男爵数奇譚

B

【概要】著者(監督):梶山季之 「ビブリア」1巻でおなじみ。稀覯書ミステリの古典みたい。「新規開店の店へ行って、必要な古本だけを買う」せどりマンの見聞きした奇妙な事件を6篇収録。洋書のせどりでボロ儲けしたり、人皮本を作ったり、少々きな臭い話…

文系と理系はなぜ分かれたのか

B

【概要】著者(監督):隠岐さや 欧州の大学発展史、西洋および東洋的知の体系を振り返りつつ、自然科学(理工農医など)、社会科学(経済学、社会学、人類学、考古学、文化人類学、心理学など)、人文科学(:人文学、歴史、文学、哲学など)の文理分離の過…

Quiet 内向型人間の時代

B

【概要】著者(監督):スーザン・ケイン 訳:古草秀子 外向型の人間や浮薄な「コミュ力」を尊ぶ現代社会の風潮にドロップキック。心理学、脳科学、社会科学等の知見を動員し、内向型人間の持つ「静かな力」に目を向けるべきだと提言。内向型人間や基礎研究…

擬人化でまなぼ! ITインフラのしくみ

B

【概要】著者(監督):岡嶋裕史 絵:村上ゆいち CPU、SRAM、DRAMなどの概念を擬人化し、チャット形式でITインフラのしくみを解説する。データの授受やソートのアルゴリズムちょっとだけわかるようになるかも…。下ネタが多めだよ。 【詳細】略。

ガンジスに還る

www.bitters.co.jp 【概要】著者(監督):シュバシシュ・ブティアニ 老父がガンジス河岸の終の棲家で過ごした3月。主人公の多忙や娘の結婚も知ったことではない。 HOTEL SALVATIONのように、死期の近づいた者が静かに逝けるホスピス的場処があってほしいも…

99%の人が知らない「内向型な自分」の磨き方

B

【概要】著者(監督):榎本博明 「適応するのに時間がかかるというのは、適応できないこととは違う」「必要以上の自己批判は、あくなき向上心のあらわれと言える」など、内向的な人間に精神のカンフル剤を提供する。根はポジティブな内向的人間でありたいも…

原民喜全詩集

B

【概要】著者(監督):原民喜 「人生のこと何がはたして夢以上に切実であるか。春の美しい一日はたしかにある」といった感じの、幻想的でどこか淋しい詩を収める。『原爆小景』『永遠のみどり』『悲歌』あたりは有名どころか。妻の俤と美しい記憶と透明な幻…

臆病者のための億万長者入門

【概要】著者(監督):橘玲 「資産運用の常識」を教える。 曰く、 資産運用は金儲けの手段ではなく、人生における経済的なリスクを管理するためにある。そんな「臆病者の投資家」にとって、資産運用で最も大切なのは目先の利益ではなく、将来の予期せぬ経済…

フォルトゥナの瞳

【概要】著者(監督):百田尚樹 運命変更可能系SFの一環。神話や宗教、Macbethなどに見られるように古くて新しいテーマである。能力に代償があるあたりはリゼロに似ている。 最近だとまどかとかシュタゲとかリゼロとか君町とか君の名は。とか、少し古いやつ…

ビブリア古書堂の事件手帖

【概要】著者(監督):三上延 (1)稀覯書ミステリとしておなじみ。さる理由により安楽椅子探偵となった栞子さんとその下僕が古書関連の事件を解決していく。そのたびに過去がちょっとずつ明かされていき…。 総じて読みやすく、各話のラストのヒキがうまい…

勇気は、一瞬 後悔は、一生

B

【概要】著者(監督):0号室 ノロケエッセイもといライフハック集。妻へのしゅきしゅきオーラが伝わって来るので読んでいるこっちが気恥ずかしい。スピッ〇よろしく、ささやかな喜びをつぶれるほど抱きしめることが成熟社会のライフハックなのかもしれない…