Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

百田尚樹

風の中のマリア

風の中のマリア (講談社文庫) [文庫]著者:百田尚樹評価:B生まれながらの女戦士・オオスズメバチを主人公に据えたまさかの一作。非常に読みやすい。マリア、アストリッド、フリートムント、フローヴァルト…オオスズメバチたちは衝撃のオシャンティーネーム…

幸福な生活

幸福な生活 [単行本]著者:百田尚樹評価:C百田尚樹の「家庭」にまつわる短編集。15~20頁程度の短編が18編。どの短編も最後の1頁が右側にあり、たった1行だけが記されている。ショートショートとして見ると少し長いし、短編として見るとややオチが弱い。帯に…

「黄金のバンタム」を破った男

「黄金のバンタム」を破った男 (PHP文芸文庫) [文庫]著者:百田尚樹評価:Bフライ級だのフェザー級だの、ボクシングのボの字も知らない自分でも楽しめた。ボクシング入門の書と考えても良いかもしれない。白井、矢尾板、原田…綺羅星の如く現れては消えていく…

海賊とよばれた男

海賊とよばれた男 上 [単行本]著者:百田尚樹評価:B+この物語に登場する男たちは実在した。百田尚樹のミリオンセラー二作目。ミリオンセラー一作目『永遠の0』の宮部もチラッと登場。相変わらず読ませる文章だ。状況や用語を登場人物にうまいこと説明させて…

モンスター

モンスター (幻冬舎文庫) [文庫]著者:百田尚樹評価:B整形による女の出世物語。べっぴん好きの自分としては興味深い本だった。ブスの学生時代の心理や、彼女が整形に次ぐ整形を重ねていく過程、それに伴って変わっていく周りの男たちの対応の描写には妙に現…

影法師

影法師 (講談社文庫) [文庫]著者:百田尚樹評価:C百田尚樹の著書のテーマの一貫性のなさに驚く(「の」が多くて失礼)。それが美点であるともいえるが。文庫版は袋とじがついており、スケベ心をくすぐる仕様となっている。主人公と幼馴染の女性を中心に据えた…

夢を売る男

夢を売る男 [単行本]著者:百田尚樹評価:B+マッハで読んだ。『寄生獣』のあのオッさん風に言えば「読ませる文章だ」。自分の心の底を見透かされたような気がした。作中の「カモ」たちのように、自分も「一本くらい小説書けるんじゃね?」と思ったことは幾度もある…

永遠の0

永遠の0 (講談社文庫)著者:百田尚樹評価:B+「僕は号泣するのを懸命に歯を喰いしばってこらえた。が、ダメだった。」 児玉清氏絶賛!!・・・と本の帯にあったので、「ンだいじなだいじなアタックチャーーーーーンス!」とばかりに定価で購入。巻末の解説も児…