Javaさんのお部屋・改

Javaさんのお部屋です。引っ越しました。詳しくは「はじめに」を読んでね。スマホ版は全体像が見えにくいから、PC版と切り替えながら見てね。

はじめに

<自己紹介> twitter.com <概要> 広い広いネットの海に浮かぶ小さな小さなJavaさんのお部屋。 その片隅で人知れず、本や映画、マンガ、アニメなどの書評らしきものや感想らしきものをひたすら書き殴っていく趣向のブログとなっております。住みなれた旧居…

敵兵を救助せよ!/駆逐艦「雷」工藤艦長と海の武士道

【概要】著者(監督):惠隆之介 元江田島の著者が駆逐艦「雷」艦長・工藤俊作中佐を顕彰すべく筆を執った。 「〇これ」でおなじみ、スラバヤ沖海戦での英国海軍将兵救出劇をクライマックスに据えた工藤の評伝。旧海軍に余裕がある時期だったからできたこと…

理工書紹介

良さげな理工書を紹介します。 日刊工業社の「基礎のきそ」シリーズが最近のお気に入りです。 <化学工学、化学プラント> ●『絵とき 配管技術 基礎のきそ』 化学プラント技術者必携。強度・圧損計算、弁の種類や金属の材質、振動や腐食などの留意点までヴォ…

「砂漠の狐」ロンメル/ヒトラーの将軍の栄光と悲惨

【概要】著者(監督):大木毅 ドイツ第三帝国の「名将」ロンメルの神話を検討する。呉座勇一を見習ってロンメル観を更新したかった模様。 WWⅠでの山岳戦、WWⅡ西部戦線の緒戦・北アフリカ戦線での戦績を振り返り、彼が師団長クラスでは優秀だが、軍団長・軍…

徳川家康/われ一人腹を切て、万民を助くべし

【概要】著者(監督):笠谷和比古 日光東照宮に行った影響で。そして家康のこと昔からわりと好きだったので。 東照神君・家康の本格的評伝。膨大な参考文献が硬そうな印象を与えるが、意外と読みやすい。家康の生涯をたどりつつ戦国時代も概観できる(近代…

興亡の世界史 モンゴル帝国と長いその後

【概要】著者(監督):杉山正明 13~14世紀のモンゴルがユーラシア大陸を席巻したのは、多数の人々を統合・統御・統治するシステムあってこそだった。モンゴル帝国の成立とその画期性、そして軍事・政治・経済・思想など多岐にわたる帝国システムの遺産を説…

インディアスの破壊についての簡潔な報告

A

【概要】著者(監督):ラス・カサス 訳:染田秀藤 カリブ海やメソアメリカ周辺、南アメリカ北部で征服者(コンキスタドール)どもが行った「破壊、殺戮および残忍な所業について語るのは明らかに至難の業であり、記すのもほとんど不可能に近く、耳にするの…

忘れられた巨人

【概要】著者(監督):カズオ・イシグロ 訳:土屋政雄 まさかのファンタジー。登場人物がみんなボケ気味で、語り口も時系列が不明瞭なせいか、たびたび猛烈な睡魔に襲われた。カズオ先生のもやもやした文体も瞼を重くする。 主なトピックは老夫婦の出立、戦…

タロットの秘密

B

【概要】著者(監督):鏡リュウジ 乙女な心境だったので思わず買っちゃう。タロットカードの起源や沿革、様々に与えられた寓意性や数々の版の存在、絵札の紹介や実際の使い方(あそびかた)など、タロットのおおよそがわかる。ジョジョ三部をはじめ、いろん…

HIGH LIFE/ハイ・ライフ

【概要】著者(監督):クレール・ドゥニ 男と赤子が宇宙船内にふたり。謎が謎を呼ぶ状況が少しずつ回想の形で説明される。凶器の実験と極限状態の性というSFスリラー的構成はいいのだが、ちょっとわかりにくい内容かな。光速の99%で驀進する宇宙船はブラッ…

世界史の勉強法をはじめからていねいに

【概要】著者(監督): 「~の勉強法をはじめからていねいに」シリーズ。曰く、3つの鉄則:①「なぜ」を大切にすること②地図の知識を持つこと③タテの流れを理解すること。勉強法の解説というよりは超速で世界史を概観する感じか。 【詳細】略。

英語4技能の勉強法をはじめからていねいに

【概要】責任監修:安河内哲也 「~の勉強法をはじめからていねいに」シリーズ。英語4技能を伸ばす必要性とその手法を説く。ARE構造のようなフレームを意識しつつ、手や口を耳を酷使するのが効果的な模様(王道だが)。 【詳細】 これです。 私は、ネイティ…

有名すぎる文学作品をだいたい10ページの漫画で読む。

【概要】著者(監督):ドリヤス工場 水木しげる完コピ画風で送る近代文学全集。岩波文庫の緑や赤にありそうな作品がズラリと並ぶ。 『山月記』『舞姫』『注文の多い料理店』『ごん狐』などの人気作はもとより、ストーリーが比較的単純な『五重塔』『恩讐の…

2019GW

【概要】 GW10連休ということで、何かしたいなとは思ってたんですね。車旅とか。 でも混んでそうなのと運転中に本読めないので、結局いつも通り電車旅になるんですよね。トホホのホ。というわけで、今回はあんまり僕の知らない北陸や北関東とか、日本の真ん…

The Bookshop/マイ・ブックショップ

【概要】著者(監督):イザベル・コイシェ 戦争未亡人が本屋を開くが、数々の妨害に遭う。そんな英国の空のような曇った展開だが、女の子やブランディッシュじいちゃんとの交流でなんとかメンタを持たせる。 結局大逆転は起こらなかったが、最後に女の子が…

アルテミスの爪紅

【概要】著者(監督):犬童千絵短編集。統一性はない。ミイラ、ヌードモデル、獣人など、作者の興味の幅の広さはうかがえる。 【詳細】<目次> 地下室の白日夢 宵待草 野罌粟 recovering AガールBボーイ 押忍! 武美ちゃん!! 見つめないで 清隆の一夏 トル…

甲冑武闘

【概要】著者(監督):久慈光久作者の趣味が横溢している。重装騎士や軽装の剣闘士同士のタイマンなど、息もつかせぬほどの容赦ない命のやり取りを描く。 やっぱり甲冑とアキレイアが良いか。『狼の口』の小ネタもあるよ。 【詳細】<目次> 甲冑武闘 新兵…

国際線機長の危機対応力 

B

【概要】著者(監督):横田友宏 機長・副機長の仕事を紹介し、機長はシステムオペレーターだけでなくチームリーダーとしての能力も必要とされることを説明。まさに賢者(愚者は成事に闇く、智者は未萌に見る『戦国策』)。やや説教臭いがリーダー論としても…

英語の歴史

【概要】著者(監督):寺澤盾 ドイツ語との類似点、人称代名詞の格変化、語彙の豊富さ(雑駁さ)、スペルと発音の乖離など、英語の謎が明らかに。英国の歴史と合わせて考えるとよくわかる。言語学的には結構コアな話が多いのだが、小ネタが多くて読みやすい…

FACTFULLNESS/ファクトフルネス

S

【概要】著者(監督):ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング ロンランド 訳:上杉周作、関美和 これは読むべき本! 「世界では戦争、暴力、自然災害、人災、腐敗が絶えず、どんどん物騒になっている。金持ちはより一層金持ちになり…

総員起シ

【概要】著者(監督):吉村昭 海難事故の暗い秘密、沖縄戦に従軍した理髪師、伊号第三十三潜水艦沈没および引揚などの五短編を収録。人間が歴史の大いなる力につき動かされて動き回るさまを、著者お得意の淡々とした筆致で克明に描く。どれもずっしり重いが…

満潮の時刻

【概要】著者(監督):遠藤周作 太宰の『パンドラの匣』みたいに、主人公が入院する。 出征していないこと・生き残ったことへのうしろめたさ、入院中の心境や手術の描写、他の入院患者や看護婦・妻との交流には著者の経験が生きている模様。 『沈黙』のパイ…

ホモ・デウス テクノロジーとサピエンスの未来

A

【概要】著者(監督):ユヴァル・ノア・ハラリ 訳:柴田裕之 あらゆる事物のデータ化が進む21世紀に対し問題を提起する。 20世紀に長足の進歩を遂げた核兵器や医療などのテクノロジーは、それまでの人類が数千年も課題としてきた飢饉・疫病・戦争を、技術的…

"きれいな字"の絶対ルール 

A

【概要】著者(監督):青山浩之 「きれいな字」は「配慮のある字」。ふせんや赤字修正など、「字を書く機会が減ったからこそ、手書き文字の価値は高まっている」。悔しいが文字のきれいさが与える印象が大事なのは間違いない。 【詳細】 そこで本書では、脳…

日本の歴史5 王朝の貴族

A

【概要】著者(監督):土田直鎮 藤原氏の勢力伸長と摂関政治の完成を主軸に描く。当時の宮廷政治劇はもちろんのこと、中央政権の運営を担っていた彼らの衣食住や人生観・世界観などを窺い知れる『源氏物語』を読んでいるとわかりやすいと思う。 【詳細】 <…

三島由紀夫紀行文集

【概要】著者(監督):三島由紀夫 編:佐藤秀明 ミシマの紀行文(死語?)を集めた。 世界一周で「感受性を濫費」した彼は、ギリシャやリオに多くのページを割く。やっぱりギリシャが大好きな模様。 ニューヨークで映画『羅生門』の評価を聞いたり、リオで…

ZUMBA

エアロビとダンスが融合したようなフィットネス・ZUMBA。ル〇サンス玉島で聴いたことのあるZUMBA曲を紹介するぜ! ●紹介スライド ●イメージ 動画 www.youtube.com www.youtube.com ●初心者向け解説 xn--7brq64a39y.net ●創始者 www.salsa-latina.jp ●曲リス…

苦界浄土

A

【概要】著者(監督):石牟礼道子 「ユーキ水銀で溶けてしもうた魂ちゅうもんは、誰が引きとってくるるもんじゃろうか」 ことばを伝える術を失った水俣病患者たちになり代わり、彼らの言葉を紙面に呼び寄せる。挿入される医学的報告書や議事録と本編の文学…

金子文子と朴烈

【概要】著者(監督):イ・ジュンイク センシティヴになりそうな題材ではあるが、怨讐を超え、巧みな手腕と懐深さで愛の物語として昇華させた。シリアスな部分もあるが全編を通して暗さはあまりなく、鑑賞後は不思議とすっきりとした余韻が残る。日本語〜朝…

私の初めて、キミにあげます。

【概要】著者(監督):西沢5㍉ イラストレータ寄りの画風でちょっとエッチなキャッキャウフフを描く。女の子が攻勢をかけているのが非モテの皆々様の妄想に合致するのでは。01、04あたりが好きかな。 #平成最後に自分の代表作を貼る pic.twitter.com/P4Qu0…